わきが対策クリニック
*

ワキガでついた服の黄ばみを消す方法

服を洗濯

ワキガ体質の人は特にニオイが強くなくても、服や下着に黄ばみを強く付けることがあります。
そんな黄ばみについて考えてみましょう。

汗染み、変色の原因(アポクリン腺)

まず服が黄ばんでしまう大きな理由の一つに、アポクリン腺からの汗が原因と言えます。
特にこの変色は普通の汗よりとても強くなるので、ワキガ体質の人はすぐに分るほどです。

アポクリン腺から出る汗には脂質、タンパク質、糖質、ステロイドなどいろいろな成分が含まれています。
ワキガの度合いが強くなると色素増えることが多くなりますが、汗の質によってワキガ臭は軽くても黄ばみが強いこともあるようです。

特にワキガ汗に含まれるリポフスチンという成分が、黄ばむ原因に大きく影響しているとも言われているのです。

ワキガの黄ばみはこれ!

ワキガの黄ばみはリポフスチンという成分が主成分なので、洗い落とすには炭酸水素ナトリウムが最適です。

炭酸水素ナトリウムとはいわゆる重曹のことですが、最近は重曹というとお菓子作りに使うだけでなく掃除に使ったり歯磨き粉に使ったりと、さまざまな効果が期待されています。

安くて簡単に手に入り、何と言っても炭酸水の元なので安全です。
特にリポフスチンの汚れにはピッタリです。

また漂白剤だけでは落ちないシミが、漂白剤と合わせて使うときれいになるため、重曹と液体酸素系漂白剤がおすすめです。
消臭にも効果があるのでダブルで効果抜群です。

逆に塩素系漂白剤はまったく効果が出ないので注意しましょう。

他にも黄色シミになる原因はいろいろあります。そんな原因も知っておくといいでしょう。

もちろんそんな黄ばみにも漂白剤と重曹は効果抜群です。

汗染み、変色の原因(デオドラント剤)

ワキガの人はデオドラント剤をたくさん使います。

もちろんそれ自体が黄ばむのではなく、どうもその人個人とデオドラント剤の相性があるようです。
あるものを付けると黄ばみが強くなるということがあるので、もし黄ばみが強いと感じたら、1回付けるのをやめるとすぐに分ります。

また違ったものと替えてみると、黄ばみがなくなったと感じる可能性があります。
デオドラントも質の高いものが幾つかあるので、自分にあったものを見つけるのも大切です。

ワキガ対策アイテムにも幾つか種類があるため、知っておくともしものときにチェンジしやすくなります。

例えば一塗りで汗を10日も抑えてくれるデトランスaや、天然消臭素材のクリアネオやラポマインも人気です。

汗染み、変色の原因(エクリン腺)

エクリン腺からの汗は塩分と水なのでシミはそんなに強く出ることはありません。
しかし汗の質というものがあって、ドロドロの汗はやはり黄ばみジミになります。

肌の状態でアトピーなどの湿しんがある場合や、真菌が繁殖している場合にも黄ばみが発生します。

また汗腺機能が落ちると血漿の成分が汗に含まれるのでドロドロになり、鉄分も含まれるので黄色くなります。

ワキガ体質ではないのに、体調によって汗が臭いということがありますが、それがこのドロドロ状態の汗になっている証拠なのです。
また汗腺機能が低下するにはエアコンの当たり過ぎや、ストレスなども影響してくると言われています。

特にニオイが無く黄ばむ時にはこの辺の理由も探ってみましょう。



クリアネオの詳細はこちら