わきが対策クリニック
*

多汗症?緊張すると脇汗をかいてしまって臭い

脇汗

緊張をしないこともワキガ臭対策には考えるべきことですが、一般の汗でも脇の汗が多くなると、どうしても汗臭くなるので注意したいものです。

特に緊張すると異常に汗をかくという多汗症についても考えてみましょう。

多汗症とはどういう病気なのか

汗は体温が高くなると、たくさん出て皮膚表面温度を下げてくれます。
でも必要以上に汗が出てしまうのが多汗症の特徴です。

汗には温度が高くなることで出る温熱性発汗、精神的に緊張したときに起こる精神性発汗、辛い物などを摂取して出る汗を味覚性発汗と言います。
そして多汗症には病気による持続性多感症や健康体でも起こる原発性多感症があり、部分的に発汗する限局性多感症と、全身に汗が出る全身性多感症があります。

症状としては脇の下や手の平、足の裏からの発汗が特にたくさん起こります。

これは限局多汗症ですが、精神性発汗の特徴的な部分なのです。ひどいときには手から汗がぽたぽた落ちることもあるほど発汗します。

手の平が濡れてしまうと、書類などもびっしょりになることもあり、仕事にも支障が出てしまうこともあるのです。
また足の多汗は足白癬や水虫などになりやすく悪臭の原因にもなります。

脇の下はワキガ体質の人はよりニオイが強くなってしまい、一般の汗でも量が多いので早く汗臭くなるので注意が必要です。

全身多汗症の場合は

  • 代謝疾患
  • 膠原病
  • 悪性腫瘍
  • 中枢神経疾患

などの影響がある可能性もあります。

多汗症とワキガの関係

waki64ワキガの人が多汗症になるということはありません。
しかし多汗症の人の方がワキガ臭が強くなることは確かです。

ワキガ体質の人というのはとてもたくさんいます。
つまりアポクリン腺を持っている人はすべてワキガ体質ですが、その量によってワキガとまで言えない人もたくさんいるのです。

それはアポクリン腺の量が少ないから、そこから出る汗が少ないからです。
でも多汗症で脇の下から異常な量の汗が出てくるとアポクリン腺からの汗もグーンと増えるのでワキガ臭が強くなり、実際のワキガになってしまいます。

多汗症はどこに汗をかいても改善すべき疾患ですが、特にワキガ体質の人やワキガの人は絶対に改善するようにしましょう。
特に部分的に異常な汗をかくのは精神性発汗なので、ストレスや緊張ととても深い関係があります。

ストレスを感じるとちょっとしたことでも、汗を急にたくさん出てくるという症状になります。特に多汗症は思春期に出やすく、成長に従って軽くなるとも言われていますが、ワキガがあるようなときには治療を行うこともあります。

多汗症ならまずは対策を

多汗症でワキガ臭が気になるなら、まず病院での治療も重要になります。
しかし副作用などもあるのであまり強い薬を使用しない治療がほとんどです。

またポツリヌス菌を注射して発汗を抑えるという方法もあります。

そして忘れないようにしたいのは毎日のデオドラントではないでしょうか。
お勧めできるワキガ対応のデオドラントというと、ナチュラル成分のクリアネオ、一塗りのノアンデ、10日間汗を抑えるデトランスaなども人気があります。

>>デオドラントクリームでわきが対策



クリアネオの詳細はこちら