わきが対策クリニック
*

ランニングをした後に脇が臭うのはワキガ?

ランニング

ランニングをすると脇のニオイが気になる人はワキガでしょうか。

確かにワキガ体質の人かも知れませんが、普通の汗でも状態によって臭くなります。
この辺をもう少し考えてみましょう。

ワキガ体質の場合

ワキガ体質の人とワキガの人と、どう違うか考えてみましょう。アポクリン腺から出る汗は老廃物が多く、そこに雑菌が繁殖することでワキガ臭を発生します。
そのアポクリン腺の量は生れ付き決まっています。

アポクリン腺を持っている人はワキガ体質と言われており、あとはアポクリン腺の量によってワキガ臭が強く感じられるようになります。

しかし、ワキガの軽度の人とワキガ体質としてはアポクリン腺が多いタイプとは、その境はグラデーションでもあるわけです。

ワキガ体質の人がマラソンなどの運動をすることで汗を普通より多くかくと、アポクリン腺からの汗も増え、ワキガ臭を強く感じるということも考えられます。

ワキガの人も運動をするといつもより汗が多くなるのでワキが臭は強くなります。
運動をしていると体温も上がり、脇の下付近は雑菌が繁殖しやすい環境なってしまうので、運動をするとよりワキガ臭が強くなるんです。

ワキガ体質でなくても

ワキガ体質でない人はエクリン腺という汗腺から出る汗だけとなります。
塩分が少し混ざった老廃物のない汗です。
とはいってもドロドロの汗のときには老廃物が混ざるので、臭い汗臭さはしますが基本は塩分と水が主なのでワキガ臭とは違います。

しかしそれも時間がたつと雑菌が繁殖して、やはり悪臭を放つのです。
しいて言うと古雑巾のニオイのようなものです。

そんなニオイが特に運動すると体温によって雑菌の繁殖が促進するので汗臭くなります。

運動でワキガ体質が分る

そのため、運動をするとワキガ体質でも、そうでなくても脇のニオイは強くなるということが分ります。
そこで運動をしたときにニオイがワキガ系ならワキガ体質はあると考えられるし、古雑巾系のニオイならワキガ体質ではないということが分ります。

また運動したときこそ、しっかり汗を拭き取ることがニオイ予防になるとも言えそうです。
そしてもちろんワキガ体質でない人もワキガ体質の人も、ワキガにも対応できるデオドラントを利用することも忘れないようにしましょう。

デオドラントのおすすめは、ワキガ臭だけでなく加齢臭などにも効果の高いラポマイン、全身の体臭にも効果のあるクリアネオ。

またナチュラル成分がいろいろ配合されているノアンデや1回塗ったら10日も効果があるというヨーロッパでも大人気のデトランスaなどおすすめです。

>>デオドラントクリームとその選び方について

運動がニオイを改善する!

運動をすると確かに汗をいっぱいかくことと、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうことから汗臭くなるものだとは言えますが、運動こそニオイを軽減してくれるものなのです。

運動をすることで体質がアルカリ体質になります。
そしてアルカリ体質になるとアポクリン腺の働きも抑えられます。
血液がサラサラになるので汗もサラサラになり、汗の中の老廃物が薄くなるのでワキガでもワキガでなくてもニオイの原因が減ることになります。

そのため運動は汗のニオイやワキガ臭には予防効果があるのです。
汗を拭くことだけ忘れないようにしましょう。



クリアネオの詳細はこちら