わきが対策クリニック
*

ワキガは公害なのか?

悩む女性

ワキガは公害じゃないのかと思う人もいるかも知れません。

そんな心ない言葉は人としてあまり使うべきではないようにも思えますが、ニオイが敏感な人にとっては強いワキガ臭は確かに辛いものがあるかも知れせん。

ワキガに限らず体臭は迷惑

ワキガにかかわらず、体臭だって人の迷惑になることがあります。

例えば電車でとなりにお風呂に長く入っていない人が座ったら、やはり嫌な気分になるでしょう。口臭だってあまり強いと、思わず顔を背けるときだってあります。

また香水だって強いものは公害になることもあるのです。
つまり共同生活をしているわたしたちにとって、できるだけニオイには注意が必要になるのではないでしょうか。

ワキガが嫌われる理由

ワキガは実際フェロモンのニオイとも言われるほど、動物的には問題のあるニオイではありません。

現実に欧米などはもっと多くの人たちが体臭が強く、ワキガ体質の人もたくさんいます。でもそのニオイも個性ということで判断されます。

とはいってもどんなニオイでも強いニオイになると、あまり好きでない人にとっては苦痛になるもの。

また、好きなニオイだって、あまり強いときつくなってくるのではないでしょうか。
だからこそワキガを気にしない欧米でもデオドラント利用者はとても多いのです。

ニオイはどんなものでも強くなると、どうしても公害だと言いたくなるほど辛い人が出てくるのも現実なのです。
そこでワキガのニオイでも強くなければそんなに問題にはなりません。

デオドラントなどを上手に利用してワキガのニオイを軽減させるようにしましょう。

香水でワキガ臭をカバーする

香水でワキガ臭をごまかすのは結構難しく、失敗することも多いので注意しましょう。

例えば欧米で香水が昔から使われていたのは、体臭が強いからと言われています。
特にワキガの多い欧米ではワキガ臭を感じさせない、いわゆるワキガ臭と相性のいい香水が作られることが多かったのです。

悪いニオイ+良い匂い=良い匂いにはならず、悪臭の中和にもなりません。

逆に新しい悪いニオイを作り出してしまうことが多いのです。
相性のいいニオイであればプラスされて別の個性的な良いニオイが作り出されます。

そこで、相性のよい香水を使うことが重要になるのです。

それでもワキガ臭が強ければ香水も強くする必要があり、プラスされると良い悪い別にしても相当強いニオイになってしまいます。

強いニオイはとにかく好き嫌いによっては、苦痛の原因となるので避ける必要があります。
そこで香水を使いたいときには、まずデオドラントなどでニオイを抑えて少なくしてから、相性のよい香水を使うようにしましょう。

基本はデオドラント

やはりワキガ対処の基本はやっぱりデオドラントということになります。
公害とも言われる程嫌われる強いニオイは、とにかく臭わない努力とデオドラントしかありません。

徹底的にニオイをゼロにするのではなく、強いニオイを弱くすることが重要です。
もちろんゼロにするために徹底的にデオドラントを行うことはできますが、そこまでストイックにならなくて良いのではないでしょうか。

しかし公害だと思わせるようなニオイはコントロールする必要があります。

ワキガでも対応できる強力な効果を持つデオドラントとして、柿渋エキスのジェルタイプのラポマインや、ヨーロッパでも大人気のデトランスa、天然成分による体臭に効果のあるノアンデやクリアネオで対策することをおすすめします。



クリアネオの詳細はこちら