わきが対策クリニック
*

生理の時にワキガのような臭いがします

生理

生理の時には特に、ワキガのニオイがするということもあるようです。
生理のときは、やはり女性ホルモンの変化が大きな原因のように感じます。

でも実際にはどういうことなのか考えてみましょう。

女性ホルモンとの関係

ワキガはフェロモンの一種だと聞いたことがあるでしょうか。
動物ならワキガはモテモテ臭です。

でも人間はそのニオイがあまり良いと感じない人が多く、またキツイニオイには弱いためモテる要因にはならないようです。
フェロモンとは男性なら男性ホルモン、女性なら女性ホルモンの影響がないわけありません。
もちろん医学的にもホルモンとの関係がとても深いということは分っています。

しかしホルモンがどのようにアポクリン腺の分泌を活発にするのかということは、まだはっきり解明されていないのです。
女性の場合は生理直前にワキガ臭が強くなる人や、生理中が一番臭うという人、そして排卵日辺りが一番気になるという人もいるのです。

多くは生理中のニオイのようですが、このようにさまざまな時期に変化が起こると、女性ホルモンとの関係はますます難しくなる一方です。

男性の場合はアンドロステロールやアンドロステロンという揮発性の物質によって、ニオイが強くなるということが分っています。
これらの成分が多くなるとワキガも強くなると言われており、男性ホルモンの分泌が活発になるとワキガも活発になるようです。

ホルモンによる臭覚変化

ホルモンによってワキガ汗腺が活発になるのではなく、まったく違った観点から臭覚が敏感になるということも考えられています。

例えば妊娠初期のつわりなどのときには、今まで感じてもいなかったニオイが気になり、吐き気を起こすということがあります。
それと同じように今まで気付かなかったワキガ臭が、生理のときにだけとても気になるということも考えられるのです。

もちろんこれだけが原因とも言い切れず、まだまだ不明な部分があります。
ただ、臭覚が敏感になることもあるなら、生理のときに特に感じるワキガ臭は普段でも出ている可能性があります。

多汗と生理

また多汗症というのは汗を異常にかきます。そして多くの場合は手の平や足の裏、そして脇の下に多汗が起こるのです。
多汗症の重大な理由が精神的な緊張などのストレスなので、自律神経とも深く関係して汗の調整ができなくなります。

生理中もホルモンのバランスが乱れことでも、自律神経のバランスが崩れて汗の調整ができなくなり、一時的に多汗症のような症状が起こることもあります。

アポクリン腺を持っている人は、普段はそんなに感じない程度でも汗が多ければ、アポクリン腺から出る汗も多くなるのでワキガ臭は強くなります。

またアポクリン腺がない人でも、汗が多ければワキガと同じように、時間がたって雑菌が増殖すると古雑巾臭いようなニオイがしてきます。
そのニオイはワキガ臭のようにも感じるのではないでしょうか。

デオドラントで調整しよう

そこでワキガ体質の女性でもワキガ体質でなくても、とにかく多汗を防いだり、防臭、殺菌などの効果の高いワキガ体質のデオドラントを利用しましょう。

汗をしっかり抑える効果のあるデトランスaや、ナチュラル成分配合のラポマインやクリアネオ、ノアンデなどがおすすめです。



クリアネオの詳細はこちら