わきが対策クリニック
*

洋服の素材によって臭いが抑えられる?

洋服

ワキガ臭は洋服の素材によって臭いを抑えることができます。逆に臭いを強めてしまうものもあるので、その辺をきちんと知っておくことが大切ではないでしょうか。

いろいろな衣類には絹や綿のようなナチュラルなものとアクリルなどの化学繊維などがあります。
さて、どういう繊維が臭いを強め、どんな繊維が臭いを抑えるのでしょう。

ヒートテック+ポリエステルは最悪

ワキガの人の場合、ヒートテックの下着は特に注意が必要です。
ほとんどのヒーテック下着がポリエステルが主体で他にレーヨンなどの化学繊維で作られていますが、特にワキガ臭にはポリエステルは相性が悪いと言われています。

ポリエステルは通気性や汗の吸水性が悪く、蒸発しにくいという性質を持っているため脇に汗がこもってしまうのです。

特にヒートテックは体温を逃さず発熱する効果があるので、その中で細菌の増殖には格好の場となります。

細菌が繁殖するときにワキガ臭が出るので、結局ヒートテック+ポリエステルは最悪ということになるのです。

ワキガ臭を一番抑えてくれるのは?

やはりワキガ臭には自然素材ということで、絹・麻・綿ということになります。
例えば寝間着などはこれらの素材がおすすめです。

特に絹は一番いいともいわれていますが、できれば毎日洗いたいのですぐにボロボロになりやすく、そういう意味では麻や綿がおすすめです。

また夏などは麻が体温を逃し風通しがいいです。
もちろん下着もこれらの自然素材がおすすめです。

夏なら綿のポロシャツを

夏などは特に汗をかくので綿のポロシャツなどがおすすめです。
麻の混紡や少し、しっとりとした絹の混紡などもいいのではないでしょうか。

もちろんポロシャツに限らずいろいろな服装において、自然素材を選ぶようにしましょう。

エアリズムも注意

やっぱり化学繊維の衣類だって着たいですね。
特に女性の場合はいろいろなデザインによって化学繊維はたくさん使われています。

そんなときには汗を吸い取ってくれる脇パッを付けるといいのです。
そういう意味ではエアリズムはユニクロから出た脇パット付きの下着で、ワキガの人にもおすすめのようですが思わぬ落とし穴があります。

というのもほとんどのエアリズムは、ポリエステルやポリウレタンのサラッとしたタイプです。
さらっとして気持ちのいいシルキータイプのものが多いのですが、やっぱり化学繊維はワキガの臭いをまき散らし逆に回りに強く感じさせてしまいます。

そこでもし化学繊維の服を着たいと思ったら、綿のパット付きの下着を着るようにしましょう。
そして2時間~3時間ごとに汗をふき、デオドラントクリームなどを使うようにするといいですね。

もしパットが付け替えられるタイプなら、パットを新しいのに変えるという方法もおすすめです。

臭いへのケアはしっかりと

わきのケア確かに服の素材でわきが臭などの体臭が抑えられることもありますが、基本的にはデオドラントアイテムなどを使用して臭いへのケアはしっかりと行っておきましょう。

根本的な部分をケアしておかないと、いつまで経っても臭いを気にして服選びをしなければいけなくなってしまいます

特に最近は通販で強力なわきがクリームなども販売されているため、そういったアイテムを使用して対策を行うことをおすすめします。

>>お勧めのワキガクリームと選び方のポイント



クリアネオの詳細はこちら