わきが対策クリニック
*

結婚できないのはワキガのせい?

結婚できない

結婚したいけど、なかなか相手はできないし、自分はワキガだからと自分に自信が持てない人もいます。

でも、ワキガはそんなに大きな弊害にはなっているのでしょうか。
その辺をもう少し考えてみましょう。

ワキガで結婚ができない?

「わきがの自分でも付き合ってくれる人はいるのだろうか…」

ワキガのニオイに限らず口臭でも足の臭いでも一般の汗のニオイでも、強いニオイは確かに結婚に響くこともあります。

もともとワキガはフェロモンの香りと言われています。
動物ならワキガのニオイが強いほどモテるということになります。

でも人間の場合は強くなりすぎると、やはりフェロモンどころではなく、抵抗を感じるニオイになってしまうわけです。

もともとはフェロモン臭なのでニオイをゼロにする必要はなく、逆に少しニオイがあった方がその人の魅力にもなるのです。

特にヨーロッパではワキガ体質の人がとても多く、そのニオイの相性で相手を決めるお見合いパーティーもあるほどです。

つまりワキガで結婚ができないことは絶対にないと言えます。
ただし強いニオイは避けるようにしましょう。

あとは自分が積極的になれないということはあるのではないでしょうか。
それもニオイを弱くすることで堂々と積極的になれれば結婚に何の支障も起こりません。

強いニオイは避ける必要がある

ニオイに敏感な人は日常のニオイの中で、少しでもニオイセンサーが自分に合わないと察知すると嫌悪感を感じる人がいます。

またワキガのニオイが特に弱いという人も現実にはいます。
でもそれは例えばバナナのニオイが嫌いだとか、ライラックのニオイは苦手というのと同じで生理的なことで仕方ありません。

そういう意味ではワキガ臭に対してそんなに抵抗のない人も多くいます。
ただし、強いニオイはやはり避けなければなりません。

ワキガのニオイが嫌われるのはそのニオイの強さからなのです。

つまりワキガ臭の対策は必要ですが、それは普通の体質の人でも汗臭さには注意が必要なことと特に変わりはありません。
汗のニオイはそんなに気にならない人はたくさんいますが、やはり強い汗臭さは誰だって抵抗があります。

それと同じように強いニオイにならないような努力は必要になるのです。

ニオイを弱くするためには?

ワキガのニオイを改善するために手術を受ける人もいます。
しかし手術は失敗のリスクも高く、逆にニオイも強くなってしまったり、傷跡までひどい状態で残ってしまったという人もいます。

またせっかく高額で手術をしても1年程度で元に戻ってしまったという場合も結構あるのです。

このようにワキガに関しては手術がおすすめとも言えません。
そこでニオイを軽くするには、今一番注目されているのがデオドラントがおすすめです。

デオドラントと言ってもいわゆる一般の汗用のものではなく、しっかりワキガ臭を抑えるデオドラントも今とても注目されています。
殺菌力が非常に強いものや汗を抑える効力のあるものなど、その進歩には目を見張るものがあるのが今のデオドラントの現状です。

おすすめのデオドラント

そこでおすすめのデオドラントをご紹介しましょう。
まず天然の柿渋による消臭力の強さが際立つラポマインクリアネオは体臭全般に使える優れものです。

また、さまざまなナチュラル素材による脱臭効果の高いノアンデは1プッシュ塗りでOKです。
他にも汗の出を徹底的に抑え、消臭効果も高いデトランスaは一塗りで10日も保つというものです。

ヨーロッパではワキガ体質の人がとても多く、このデトランスaはとても高い人気を誇っているデオドラントと言われています。

>>わきが対策クリームの人気ランキングはこちら



クリアネオの詳細はこちら