わきが対策クリニック
*

ワキガ治療は何科の病院に行けばいい?

病院

ワキガ治療の相談をする場合、どの科に行ったらいいのでしょう。
手術をする場合や保険などのことも考えると皮膚科なのでしょうか。

ワキガ治療は皮膚科なのか

ワキガ治療は皮膚科美容外科、美容皮膚科などがあります。
皮膚科でもワキガはあまり経験の少ない病院もあれば、美容外科でもワキガ専門のように力を入れているところもあります。

またワキガのニオイの程度は病院によっては、先生や看護師たちの嗅覚で軽度、中等度、重度と決める病院と、ワキガのニオイ測定機器によって測量する病院もあります。

それらも電話などであらかじめ聞いておくといいでしょう。
これは皮膚科なら置いてあるというようなものではなく、病院によって置いてあるところと置いてないところがあります。

手術と保険について

ワキガの手術となると、いろいろな手術法がありますが、やはり保険が使えるのは重度のワキガと認められた人で、脇の下をめくってアポクリン腺を切り取ってしまう手術のみに保険が利きます。

昔は病院によって保険手術はしないという美容外科も多かったようです。

しかし今は保険手術も行うという美容外科も増えたので、保険が利くかを確かめるようにしましょう。

病院を選ぶには

ワキガ手術や治療を任せる病院や科を選ぶのは、ワキガ治療の経験の豊富な病院を選ぶことです。

皮膚科、美容皮膚科、美容外科などで行われますが、経験と設備、それと手術で保険を使いたいなら、手術で保険を使える病院を選びましょう。
ただし保険の利く病院でも重度と認められなければ保険は利きません。

ニオイセンサー機器があるところで、それだけでも調べてもらうこともできます。

脇の下の皮膚をひっくり返してアポクリン腺を切り離すという手術は、一番再発率が少ないとは言われていますが医師の力量の問題もあり、絶対に再発しないとは言い切れません。
しかし皮膚をひっくり返すため、ただの外科手術ではなく皮膚移植と同じようなことになります。

そのため跡も大きくなるので、皮膚科より美容整形での手術の方がキレイではないかと言う人もいるようです。

それより医師の技量、力量が重要なので、ワキガを専門的にやっているような病院を選ぶ方がいいのではないでしょうか。

デオドラントの重要さ

ワキガは本当に強い場合は手術ということもありますが、そうでない場合でも簡易手術を勧められたりしますが、簡易手術では再発は時間の問題というところもあります。

ボトックス注射も普通のエクリン腺からの汗が止められるだけで、ワキガ臭の汗が出るアポクリン腺の方からの汗は止められません。

もちろん一般汗が止まるだけでも随分防臭はしやすくなりますが、やはり一番大切なのはデオドラントということになるのではないでしょうか。
手術をしてもいろいろな予防をしても、それをフォローするデオドラントは欠かせません。

もちろんワキガに効果の高いデオドラントを使用しなければ意味がないのです。

そこでおすすめのデオドラントのご紹介をしましょう。
柿渋エキスでニオイを止めるラポマイン。また1回塗るだけで防臭、防汗効果の高いデトランスa、天然成分のノアンデやクリアネオなどもおすすめです。

>>お勧めのワキガクリームと選び方のポイント



クリアネオの詳細はこちら