わきが対策クリニック
*

服についたワキガの臭いの対処法

服の臭い

ワキガの臭いは脇の肌についた汗だけでなく、衣類についてしまった臭いも同じように臭います。

肌なら拭けば臭いは取れますが、服についたものはしっかり洗濯をしない限り拭いてもワキガ臭は消えません。
そんな衣類についてしまうワキガ臭について考えてみましょう。

衣類と臭いの関係

臭いはワキガ汗腺であるアポクリン腺から出た汗の成分に、常在しているワキガ菌などの雑菌が集まり、どんどん繁殖していくときに、あのワキガの臭いが発生するわけです。

逆に雑菌がいなければ臭いは出ません。
そのために脇の下をいつも清潔にして、消毒しておくことが大切なのです。

では衣類が臭くならないためには、どのようなことをしていくことが必要になるか考えてみましょう。

まず汗を衣類に付けなければいいわけです。
そのために下着にパットを着けて、直に衣類に汗がつかないようにするという方法があります。

これも臭いが薄くなることは確かですが、確実にシャットアウトすることはできません。
パットにワキガ菌などが繁殖してしまえば、パットがワキガ臭の元になってしまいます。

そこで、パットに頼るより衣服自体を殺菌することができれば、問題ないということが言えるのです。
つまり消毒布にすることが必要になります。

服の殺菌と脇のスプレーで完ぺき

しかし自分の持っている服を殺菌することのできるスプレー剤もあるのです。
脇の部分だけでも自分が殺菌しておきたいところにシュッとひと吹きするだけ。

長時間殺菌効果がありますが、気になる人は数時間ごとに脇の付近の服を殺菌し直してもスプレーだから簡単です。

例えば下着とワイシャツと背広を着ているとしたら、この3枚にスプレーしておくと、より完ぺきということになります。
もちろん肌にはワキガ対応のデオドラントクリームなどをしっかり付けておくことで、ワキガ臭はしっかり対策することができるのです。

とにかく汗が付いたら殺菌をしましょう。
その部分に雑菌が繁殖しないようにしてしまえば、ワキガ臭はシャットアウトすることができるというわけです。
衣類の殺菌スプレーならフーラビオが人気です。

また脇のデオドラントクリームならなら、スプレータイプのクリアネオや、強力制汗、消臭のデトランスaなどが人気です。

自由な素材の服が着たい

実際にワキガ臭をできるだけ減らすためなら、麻、絹、ウール、綿などの自然素材の方が細菌の繁殖が抑えられるので、化学繊維よりはワキガ臭を減らすことができます。

でも今は化学繊維の方が多く使われている時代です。
自由におしゃれをするなら自然素材だけというわけにはいきません。

衣類用殺菌スプレーがあれば特に自然繊維にこだわらなくても、安心していろいろな服を楽しむことができるのです。

またドライクリーニングではワキガ臭は取れません。
そして普通に洗濯をしても、しっかりなかなか取れないワキガ臭ですが、そこに漂白剤を入れると随分臭いは取れます。

服や下着を殺菌状態にしておけば臭いは発生しないので、もちろんドライクリーニングしかできない服だってまったく問題ありません。

もちろん普通に洗濯機で洗ってもワキガ臭がついてないので、まったく問題なく洗えるのです。



クリアネオの詳細はこちら