わきが対策クリニック
*

クリーニングでワキガの臭いはとれるのか

クリーニング

ワキガ臭は洋服についてしまうと、なかなか取れないと言われています。
もともとワキガ汗腺とも言われるアポクリン腺から出た汗に細菌が繁殖して悪臭を放つわけなので、そのニオイが服についたときには洗濯をすれば消滅すると思われがちです。

でも実は肌についた臭いのように、シャワーやお風呂で簡単に取れるというものではありません。
クリーニングに出しても思ったようにニオイが消えないのが現実です。

そこでワキガ臭とクリーニングについて考えてみましょう。

クリーニングワキガ臭は取れるのか

そのワキガ臭の程度にもよりますが、中度、強度のワキガがついてしまうとクリーニングでもなかなか難しいようです。

特に水洗いのできないドライクリーニング指定の服は、ワキガ臭が大半残ってしまうこともあります。

クリーニング屋さんでもワキガ専門の洗いをやっているところもあり、その場合は部分的に水洗いをすることになりますが、ワキガ臭を取ることができる範囲が多くなるはずです。

どうしても取れないものもあるので、完ぺきになくすことは諦めることも必要かも知れません。
そして今後しっかりデオドラントなどの対処をしておきニオイを発生させないようにしていきましょう。

コートをクリーニングに出す

ワキガ臭の洗濯はとにかく水洗いをすることによって、だいぶワキガ臭は少なくなります。
もちろん程度によってはゼロにならなくても薄くなる期待はできます。

しかしコートの場合はどうしてもドライクリーニング指定のものが多いので、ほとんどニオイは残ってしまいます。

「汗かきドライクリーニング」や「ドライ&ウエット」などの名前で、脇の下の部分だけしっかり水洗いをしてくれるクリーニングコースがあるお店もあります。

ただし、少し型が崩れたり色落ちが起こる可能性があっても良いという条件付きだったりすることもあるので、その辺は覚悟しておく必要もあるようです。

自宅洗いのドライクリーニング用洗剤

またドライクリーニング指定の商品を、自宅で水洗いすることができる洗剤もあります。

この場合は押し洗いになりますが、自分で洗う場合は特に脇を集中的にしっかり洗ってみることもできます。
このような洗剤を使用すると、水洗いができるのでワキガ臭の人にはとてもおすすめです。

ただし型崩れ、色落ちは起こる可能性があるので、逆に服を選び方も丸洗いに意識するといいかも知れません。

またそれでもニオイが残ったらコンビニでも売っているエルミチガル酸を使ってみましょう。
相当ニオイ対策には効果があります。

下着などは

下着など自宅で洗濯するものは、クエン酸やエルミチガル酸に漬け込んでおいてから、普通に洗濯をするとニオイがほとんど消えるので一手間掛けるようにしましょう。

綿なら10分程度大きなナベで煮ると熱湯によって完全に殺菌されるのでおすすめです。
しかしアクリルやポリエステルは変形してしまうので綿のみということになります。

わきがを抑えることが何よりの対策

これらの方法でも、服についたニオイをできるだけ取ることは結構大変です。

その前に腋臭のニオイを発生させないためのデオドラントアイテムをうまく利用しましょう。

薬用のわきがクリームとして最近話題を集めているのがクリアネオ
柿渋エキスで臭いの元からしっかり消臭できるので、軽度のわきがであれば手術をしなくてもこれで改善できます。

まずがわきがへの対策をして服へ臭いが移行することを防ぐことが大事なポイントです。

>>失敗しないわきがクリームの選び方とは



クリアネオの詳細はこちら