わきが対策クリニック
*

ワキガを治す漢方薬とは?

漢方薬

ワキガ治療に漢方薬を使う方法もあります。
ワキガ治療を漢方薬だけでなく、手術などと組み合わせる場合や、軽度ならデオドラントと組み合わせて改善していくという方法もあります。

どのような漢方薬がワキガ対策に使われるのでしょう。
まず漢方薬治療を行っている病院や、漢方薬局などで処方されるものなどご紹介しましょう。

発汗調整

ワキガ対策としてよく使われる漢方薬として、発汗を調整するものがあります。

  • 「黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)」
  • 「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」
  • 「十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)」

などが代表的な漢方薬となっていますが、体の表面の虚証を改善し水毒を除去する「黄耆」がこれらには含まれています。
ちなみに虚証とは気力が落ちて、体力が弱ることを言います。

精神的な多汗

神経や精神性による多汗症の改善には

  • 「柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)」
  • 「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」

などを処方されることが多いようです。

多汗というと、やはり精神的なことから起こる場合も多く、異常な緊張をするタイプなどの人も、これらの漢方薬で改善すると言われています。

特徴から見た漢方薬

漢方薬は体質を改善することも重要な役割です。
体質や体型などの特徴から、多汗を調整するための処方をされる場合もあります。

例えば虚弱体質の人なら「 補中益気湯、防巳黄耆湯 」、体の強い方は「竜胆瀉肝湯、黄連解毒湯」

また普通の体型の人は「柴胡桂枝湯、茯苓甘草湯」などが処方されることも多いようです。

漢方薬によるワキガ対策

漢方薬によるワキガ対策は、漢方でいう水のめぐりに異常の改善、つまり発汗に異常の対策です。

他に体が酸性に偏り、いわゆるアポクリン腺にたまるニオイの元の増加を抑える効果のあるものが処方されることもあります。

水のめぐりは体質によって、それにあった漢方薬局を処方されることで発汗異常が改善されます。
ワキガ体質の人は汗を減らすことで、ワキガのニオイを相当軽減することもできるのです。

軽度のワキガの人なら発汗異常を改善し、デオドラントなどを利用するとそれだけでもニオイは心配いらなくなります。

漢方薬だけではワキガ対策は完全ではない

漢方薬は体質を変えて発汗異常を改善していきますが、やはりそれだけではワキガ対策は完全ではありません。

例えば食事の改善、生活の改善なども行わなければ漢方だけで改善することは難しくなります。
ワキガ臭が強いのも、体の異常の現われという漢方的な考え方から見ると体質改善を行う必要も出てくるのです。

漢方薬と一緒に考えるべきこと

食事は栄養のバランスを取ることと、肉や油分を減らした和食中心に考えることが重要になります。

睡眠はホルモンバランスにも代謝にも関係が深いので、いつもしっかり睡眠を取ることが必要です。
そしてデオドラントも質の良いものを選ぶようにして、常時使うようにしましょう。

デオドラントなら、一回塗っただけで10日間のニオイ抑制と汗抑制ができる「デトランスa」や、柿渋や天然素材の脱臭成分配合の「クリアネオ」などもワキガ臭の防臭におすすめです。

>>お勧めのワキガクリームと選び方のポイント



クリアネオの詳細はこちら