わきが対策クリニック
*

薬局・ドラッグストアで市販のおすすめワキガ対策アイテム

ドラッグストア

ワキガのケアをしたいと考えた時にまず思いつくのが市販のデオドラントアイテムかと思います。
もちろん、薬局やドラッグストアでもいろいろなワキガ対策アイテムが出回っています。
昔に比べてウェルシア、くすりの福太郎、マツモトキヨシ、ツルハドラッグ、Tomod’s(トモズ)など品揃えも豊富な大型ドラッグストアなどが増えてきたため、色々なデオドラントグッズが手に入るようになりました。

実際にドラッグストアの店内を見てみるとデオドラントスプレーや石鹸から漢方薬までいろいろあるため、ここではそこを詳しく解説していきたいと思います。

デオドラントアイテムには様々なタイプがある

実際にお店の中に入って見てみるとわかるのですが、様々なメーカーのデオドラントアイテムが並んでいます。
しかし、実際にはどのメーカーであっても複数のタイプに分けることができます。

  • パウダースプレータイプ
  • ロールオンタイプ
  • クリームタイプ
  • スティックタイプ
  • ローションタイプ
  • シートタイプ

タイプによってメリットデメリットも違ってくるため、自分にあったものを選ぶ必要があります。

パウダースプレータイプ

パウダースプレー
一般的にわきが臭のケアをするとしたら思いつくのがこのパウダースプレータイプではないでしょうか?Banや8×4(エイトフォー)などテレビのCMなどで有名なものもそのうちの1つと言えますね。
このスプレータイプには香料付きのものが多く、女性向けのアイテムではフローラルな香り、石鹸の香り、シトラスの香り、マリン系の香り、無香料のものと様々な種類が存在します。

ただし、あまり長時間の持続性がないため、1日ずっと効果が続くというわけではありません。また、殺菌力や保湿力が高いと言えないため、ワキガのケアとしては少々力不足感が否めません。
一時的な体臭ケア向けのアイテムと言えます。

ロールオンタイプ

ロールオンスプレータイプとは違い、ピンポイントで部位に塗ることができるタイプのデオドラントアイテムです。

ボールの部分をコロコロと脇に塗りこむことで成分が浸透しやすいと言われているため、スプレータイプよりもワキガのケアには適していると言えます。
外出する前や就寝前につけることでより効果を発揮します。

ただし、スプレータイプに比べて液体が乾きにくいため、塗った液が衣類に付着する場合があるのがデメリットです。
外出直前などの使用は注意して使用するようにしましょう。

クリームタイプ

クリームタイプクリームタイプは最近になって人気の出てきているデオドラントアイテムです。脇や気になるところに直接塗るため、配合されている有効成分も浸透しやすいのが特徴です。
どのメーカーもテクスチャは若干固めのタイプが多く、伸びにくい印象。

指で塗りこむ作業が発生するため、手を汚してしまうというデメリットはありますが、成分の浸透のしやすさや持続性では一番効果が高いと言えます。
特に強い体臭やワキガで悩んでいる人には効果が高いアイテムです。

ただし、汗を沢山かいてしまうと若干べたつきを感じる人もいるようです。

スティックタイプ

スティックタイプリップクリームのような使い勝手で、スティックを回すと薬部が出てくるタイプのデオドラントアイテムです。
スティックのまま脇に直接塗ることができるため、クリームタイプと違い手を汚さずに塗ることが可能です。そのため、外出先などでも気軽に使用することができます。

ただし、消臭効果や制汗効果がクリームタイプと比べると若干落ちるという声もあります。

また、ロールオンタイプと同様に同じ部分を繰り返し脇に塗るため、衛生面が気になるという人もいるため、評価は賛否両論となっています。

ローションタイプ

ローションタイプ液体を適量手に取り直接脇にパッティングするデオドラントアイテムです。
清涼感のあるタイプのものが多く、スーっとした使用感を感じられるものあります。

ただし、液体のため乾くまでに時間がかかることや、手を汚してしまうといったデメリットもあります。外出直前に使用してしまうと衣類についてしまう可能性もあり、ワキガのケアアイテムとしてはあまり人気のないアイテムの1つです。

また、ワキガのケアは季節関係なく冬場でも使用することがありますが、ローションタイプは冬に使用するには厳しいという声も多いです。

シートタイプ

シートタイプ若い世代の人がスポーツの後などで使用しているシーンをよく見かけますが、こちらも汗のべたつきや臭いの元となる殺菌を抜き取ることで体臭ケアができるデオドラントアイテムです。
脇だけでなく、顔や首筋や耳の後ろなど気になる部分にも使用できるタイプのものもあるため、簡易的なケアとして非常に人気が高いです。持ち運びも便利なことも人気のポイントです。

ただし、やはり他のタイプと比べると消臭効果や殺菌効果が落ちることと、持続性はあまり期待できないのがデメリットです。
また、普段乾燥肌の人が使用すると余計に肌が乾燥してしまい、皮脂分泌が活発になることで体臭が強まる可能性もあります。

安ければ消臭力もそれなり

waki65ドラッグストアには多くの種類のアイテムがあり価格も様々ですが、一時的な臭い対策になるデオドラント商品は多くても、ワキガの強烈な臭いを絶つというアイテムは見かけません。

というのもやはり市販で購入できる安価な商品は
「持続感が感じられない」
「フローラルや石鹸の臭いなどと混じって余計に臭いと言われる」
という声が非常に多いのです。

また、一時的に臭いを消せたとしても何度も使用するはめになり、すぐ使い切ってしまったり、何度も臭いを気にしてしまったりというのが現状です。

やはり安ければ消臭力もそれなりのため、効果としてはやはりイマイチ。
しっかりケアをしたいのであれば、無香料で強力なわきがクリームなどをおすすめします。

体臭やワキガ臭レベルに合ったデオドラントアイテムを選ぼう

腋臭のイラスト上記で説明した通り、デオドラントアイテムには様々なタイプがあります。
そのため、どれを選んだらいいのか迷ってしまう人も少なくないかと思います。

選ぶ基準は人それぞれですが、
・体臭のキツさ、ワキガ臭のレベル
・使いやすさ、使う場面

などで選ぶことを当サイトではおすすめします。

ワキガではなく体臭の軽度の人

ワキガではなく体臭も軽度の人であればシートタイプ、もしくパウダースプレータイプで十分にケアできます。
もし不安な方であれば両方併用することでより効果的なケアができます。

ただし、パウダースプレータイプやシートタイプには保湿性が少ないため、使い過ぎると肌は乾燥状態になり、逆に臭い菌がつき臭いがつきやすくなってしまうため注意しましょう。

軽度のワキガ、もしくは体臭が中度の場合

ワキガ体質であっても軽度の場合や、体臭がそこそこある人であればロールオンタイプやクリームタイプを使用してしっかりケアを行いましょう。
特にクリームタイプは消臭力や殺菌力に加え、保湿性もあるため菌がつきにくく繁殖を防ぎます。

>>お勧めのワキガクリームと選び方のポイント

また、合間でアルコールの含まれたシートタイプでケアをすることでより強力な体臭ケアをすることができるためおすすめです。

体臭やワキガも重度の場合

体臭やワキガがキツい人の場合はなかなか薬局やドラッグストアで市販されているデオドラントアイテムで完全に防ぐことは難しいかもしれません。
ただし、ケアをしないよりはした方が絶対良いということでクリームタイプを使用してケアすることをおすすめします。

注意したいのは香料があるパウダースプレータイプなどを使用してしまうと、元のワキガ臭に交じって余計に不快な臭いになる場合もあるため、必ず無香料のアイテムを選ぶようにしましょう。

使用する場面で選ぶ場合

もう1つ選ぶ基準になるのが使用する場面や使いやすさで選ぶことです。
これはケースバイケースなので、その時にあったものを準備しておきましょう。
主な例は以下の通りです。

■自宅で塗る場合
⇒成分がしっかり浸透するタイプがおすすめ。クリームタイプ・ロールオンタイプ・ローションタイプなど

■外出先でケアする場合
⇒持ち運びが便利で服や手を汚さずに使えるものがおすすめ。パウダースプレータイプ・シートタイプ・スティックタイプ

ワキガ体質レベルの簡易チェック方法

ワキガや体臭の強さはなかなか自分ではわからない人が多いと思います。
それは自分の臭いを“通常の臭い”と脳が判断して生活をしているため、仮にワキガ臭があったとしてもそれを問題のある臭いだと感じないからです。
そのため、自分がワキガ体質かどうか、体臭レベルは軽度か重度かというチェックもしておく必要があります。

耳垢で簡易チェックしよう

耳垢をとる女性体臭レベルをチェックする方法は様々な方法がありますが、簡単にできるのが耳垢でのチェックです。

まずは耳垢をとり状態を見てみましょう。

・カサッとしていて粉っぽい場合⇒ワキガ体質ではない
・濡れているなと感じる場合⇒軽度~中度のワキガ体質
・耳垢がキャラメル状になっている場合⇒重度のワキガ体質

一般的にはこのような状態でワキガ体質レベルを判断します。
ただし、環境や体調によっても耳垢の状態は変わってくるため、一度見ただけでは判断せず何度か繰り返してチェックしてみましょう。

ドラッグストアで市販されているワキガ対策用アイテムの評判は?

では実際に薬局やドラッグストアで販売されているデオドラントアイテムの口コミなどを見てみましょう!
ただし、デオドラントアイテムは多くのメーカーから販売されており、すべてを紹介しきれないため、ここでは“ワキガ対策アイテム”としてよくドラッグストアなどで見かけるアイテムに絞りたいと思います。
※店舗によって販売されてないものや、販売が終了したものもあるかもしれないためご了承ください。

8×4ワキ汗EX

8×4ワキ汗EX消臭スプレーとして有名の8×4から腋臭や脇汗対策用のデオドラントアイテム「8×4ワキ汗EX」も販売されています。

・スティックタイプ
・ロールオンタイプ
・スプレータイプ
・クリームカプセルタイプ

の4種類が販売されていますが、個人の好みによって選ぶタイプが分かれるかもしれません。
ただし、クリームカプセルタイプはクリーム自体が白いため、特にノースリーブを着る機会の多い夏などは“塗った感”が出てしまう可能性もあります。

8×4ワキ汗EXの評判は人によっても分かれるようで、アットコスメなどには

8×4ワキ汗EXの口コミ

これ最悪です・・・つけてしばらく経つと自分の周りに細かい白い粉がたくさん落ちている!なにが原因かと思ったら、これが乾燥してわきから白い粉が出てる!
効果も感じられないし、値段も高いし、ほかの制汗剤をおすすめします。

8×4ワキ汗EXの口コミ

デオドラント効果はありましたが、なかなか落ちないです。
落とし残りがあると肌に悪そうだし、かといってごしごしすると脇の下なので荒れてしまうので、何度か使ってお蔵入りしちゃいました。

といった口コミもあり、肌トラブルが起こる可能性もあるため注意しましょう。

Ban汗ブロック

Ban汗ブロックこちらも消臭スプレーで有名のBanから販売されている脇汗対策用のデオドラントアイテム「Ban汗ブロック」です。
制汗作用だけでなく、皮ふ汗臭や腋臭にも効果があるとされています。

・通常タイプ
・プレミアムラベルタイプ

ロールオンタイプでの2種類が販売されていて、その違いは“耐水皮膜成分”の有無です。
耐水皮膜成分により肌にしっかり密着するため、通常タイプよりもしっかり汗をブロックできるとされています。

また、Ban汗ブロックのアットコスメによる口コミも

Ban汗ブロックの口コミ

汗ブロックの名前どおり・・・にはいきません。
さすがにうっすらレベルであれば変わった気はしますが、外にでたときは全く変わらず汗が出てきます。

Ban汗ブロックの口コミ

確かに汗には効果があったかもしれませんが、
膜が張ったような感じがとても不快に感じてしまいます。
洗ってもその膜感がとれず、2日くらい気持ち悪さが続きます。
そうなると肌にもよくなさそうだし、やっぱりデオドラントはナチュラル系のがいいな~

といったように効果には個人差があるようです。

エージーデオ24(Ag)

エージーデオ24資生堂が開発したデオドラントアイテム「エージーデオ24」。“24”という数字は24時間肌ケアするという意味から来ているそうです。
Agというのが銀イオンには殺菌力があることからメイン成分として使用されています。

・パウダースプレータイプ
・ロールオンタイプ
・スティックタイプ
・シートタイプ

大きく分けて4種類発売されており、使用するシーンや好みによって選ぶことができます。
どのタイプもさらさらになる銀含有アパタイトという成分や、肌をなめらかにするヒアルロン酸パウダーを配合していることも特徴です。

アットコスメによるエージーデオ24の口コミを見てみると、
エージーデオ24の口コミ

塗りやすくてデオドラント効果もあるけれど、脇が痒くなった。

エージーデオ24の口コミ

塗りたては効果があったのかも。しかし体を動かす仕事をしてたので数時間後には汗もかいていたし臭いもしていたんじゃないかなと思います。

といった口コミもあり、やはり効果には個人差があるようです。

デオナチュレ

デオナチュレ株式会社シービックが開発したデオドラントアイテム「デオナチュレ」。最近多くのドラッグストアで見かけるようになりました。
天然アルム石成分(焼きミョウバン)を配合させていることを特徴としています。

・スティックタイプ
・クリームタイプ

デオナチュレのワキガ対策アイテムは大きく分けて上記の2つのタイプがあります。
殺菌力には非常に定評がありますが、制汗力は若干弱めという声も多いようです。

アットコスメには多数の口コミが寄せてあり、もちろん良い評価もありますが中には
デオナチュレの口コミ

塗ったところがかゆくなりました。軽くかぶれたような感じに(´・ω・`)
臭いは抑えられたと思いますが、肌が強くない方には同じような症状が出るかもしれません。

デオナチュレの口コミ

私はもともと体臭は少ないほうで汗ばむ季節に少し脇のにおいが気になる程度です。
しかし、そんな私のかすかな脇汗のにおいさえこの商品は抑えることができません。
皮膚にひっかかって塗り心地はよくないしサラサラもせず、においも抑えられずデオドラントとして機能していないと感じました。

という口コミもあり、やはり制汗効果が出にくい人もいるようです。

リフレア

リフレアCMでもお馴染みのロート製薬が開発したデオドラントアイテム「リフレア」。8×4やBanに比べると若干知名度に欠けるかもしれません。
ベンザルコニウム塩化物とイソプロピルメチルフェノールという成分を配合させていることが特徴です。

・ロールオンタイプ
・ジェルタイプ
・クリームタイプ
・クリームバータイプ
・ミストタイプ

リフレアは大きく分けて5種類のタイプが発売されており、利用シーンによって使い分けることが可能です。
イソプロピルメチルフェノールが配合されているということで殺菌効果は高いですが、消臭や制汗効果は少々弱めのようです。
ただし肌には優しい素材で作られているため、普段肌が弱くてデオドラントアイテムが使えないというような方でも使用できます。

発売から歴史のあるロート製薬のリフレアですが、アットコスメの口コミには

リフレアの口コミ

口コミで評価が良かったので、試しに購入。
テクスチャはベタベタとしていて、使ったあと手にくっついて中々落ちませんでした。
脇につけたあともサラサラになったりせず、ベチャベチャとして不快感が…。
肝心の腋のにおいにも残念ながら効きませんでした。
痒くなったり肌がつっぱらなかったので、肌には合っていたようです。

リフレアの口コミ

結論、よくないです。
中学の頃から、リキッド、ジェル、クリームと使ってきました。
母親にこれが一番いいと言い聞かされ使ってきましたが、全く効果は感じられず。笑
匂いも、汗も特に変わらずです。リピは絶対にありませんね。ごめんなさい。

というような口コミもあり、やはり消臭・制汗作用が弱い印象です。

デオドラントアイテム以外でワキガ対策ができるものは?

ドラッグストアで売られている商品からデオドラントアイテム以外でワキガ対策できるものを挙げてみました。参考までご覧ください。

ミョウバン

myobanドラッグストアや薬局で購入できるわきが対策アイテムとしてはミョウバンも挙げられます。
昔から殺菌力と消臭力の高い成分ですが、みょうばんはぬか漬けに入れたり、水で溶かして食べ物にスプレーして腐敗防止に使うことができます。

殺菌力の強さからこのような利用法も昔からの知恵としてあるわけです。
その証拠に人気の体臭消臭剤でもミョウバンを主成分にした、デオドラントクリームにも配合されたものがいろいろあります。

なるべくコストをかけたくないという方はミョウバンを水に溶かし、スプレーすれば同じように消臭効果を感じることができるため、ミョウバンもワキガ対策アイテムと言えます。
デメリットとしては非常に手間が掛かるということや、個人で作るものなので肌荒れなどの肌トラブルを起こす可能性があるということでしょうか。

ミョウバン水は500mlの水道水に焼きみょうばん10gを入れて冷蔵庫保存します。
使用時にスプレーボトルに入れて使いましょう。

柿渋石鹸

kakiワキガ対策アイテムとして、柿渋配合の石鹸も市販で購入できます。
特にワキガの人は柿渋に含まれるタンニン成分の配合された石鹸を毎日の入浴に使用するといいのではないでしょうか。

もちろん通販購入のものもありますが、市販でもいろいろ出回っています。

1日の汚れをしっかり洗い、殺菌と消臭の強い石鹸を使うとよりワキガ予防になるはずです。
柿渋石鹸は男性の使用者が多いのが特徴ですね。

漢方

漢方薬でも、特に個別配合するものでなければ、多くの薬局に置かれています。

防已黄蓍湯
(ぼういおうぎとう)
色白、筋肉の少ない体質、中年以降の女性で運動不足の人で多汗症の人の体質改善によく使われます。
五苓散
(ごれいさん)
のどが乾き安いタイプで、むくみが多いタイプの多汗症の人に使われます。
桂枝加黄耆湯
(けいしかおおぎとう)
虚弱体質で異常な多汗、動機やめまいのある人に使われます。
柴胡加竜骨牡蠣湯
(さいこかりゅうこつぼれいとう)
上半身に汗をかきやすい人におすすめの漢方薬です。
玉屏風散
(ぎょくへいふうさん)
汗が黄ばんでいる人に使用されることの多い漢方薬です。

このように漢方薬も薬局やドラッグストアにも置かれているため、体質から改善したい場合はデオドラントアイテムとの併用がおすすめです。

ただしすぐに変化を求めるものではなく、ある程度体質改善して効果が出てくるというものになります。
もちろん通販でも売っていますが、やはり薬剤師さんにいろいろ相談して購入する方がいいのではないでしょうか。

市販品で効果が感じられない方は通販で販売されている強力クリーム!

site_cleaneo通販にはドラッグストアや薬局では販売されていない強力で高品質なデオドラント商品が販売されています。
価格としてはちょっと高めの設定になっていますが、その分消臭力・殺菌力・保湿力が非常に強いので本気でワキガに悩んでいる方には是非おすすめしたい商品です。

特にわきが対策として人気なのは無香料で返金保証のある「クリアネオ」や、脇汗対策としての海外での実績が高い「デトランスα」など。
それぞれワキガ消臭に効果があるアイテムとして口コミなどで話題になっています。

特にクリアネオなどは天然植物エキスの成分を使用しているため、消臭や殺菌効果だけでなく保湿成分も配合して肌にも優しいため、おすすめです。

市販品と通販のデオドラントアイテムの違いは?

誰であっても皮膚には常駐菌がおり、皮脂が出ますし汗ももちろんかきます。
その皮脂が出る量や汗のかく量には個人差がありますが、ワキガの原因となるコリネバクテリウムという菌はその皮脂を食べることで悪臭を放つようになります。

ワキガを改善するには

・コリネバクテリウムなどの臭い菌を殺菌する
・放ってしまった臭いを消臭する
・菌が繁殖しないよう保湿する
・菌が発生する原因でもある発汗を抑える

といった殺菌力・消臭力・保湿力・制汗力の要素が必要になります。

ドラッグストアなどで市販されているデオドラントアイテムには保湿する成分が含まれていなかったり、制汗力が弱かったりするため、なかなか改善するのは難しいと言えるのです。

通販のものと市販品と比較

通販で人気のワキガクリーム「クリアネオ」と市販品の「8×4ワキ汗EX」と比較してみました。
市販品はドラッグストアなどで手軽に購入できるのが魅力ではありますが、ワキガのケアをしっかり行うためには保湿力や制汗力が不足している印象を受けます。

商品 クリアネオ
8×4ワキ汗EX ロールオン
制汗成分 パラフェノールスルホン酸亜鉛 ACH(クロルヒドロキシアルミニウム)
消臭成分 柿タンニン
シャクヤクエキス
チャエキス
クマザサエキス
ハマメリスエキス
なし
殺菌成分 イソプロピルメチルフェノール BGA(β-グリチルレチン酸)
保湿成分 ユキノシタエキス
プルーン酵素分解物
アルピニアカツマダイ種子エキス
ヒメフウロエキス
ジメチコン
無添加 香料
着色料
鉱物油
パラベン
石油系界面活性剤
紫外線吸収剤
オイル
なし

こうして比較してみるとクリアネオの方が圧倒的に成分を配合していることがわかります。
また、できるだけ無添加にこだわって作っているため、肌が弱い方でも安心して使うことができます。

注目成分「イソプロピルメチルフェノール」

菌の繁殖を抑えることができ、抗真菌効果(防カビ効果)もあるためワキガ対策として効果的な成分です。ニキビケア化粧品の有効成分としても使用されることが多いほど、殺菌効果に定評があります。

安くてそれなりの品質のものか、高くて高品質なものを選ぶか

価格としては通販で売られているアイテムは高いですし、それに比べドラッグストアなどで購入できるメーカーのアイテムはお手頃です。
しかし、口コミなどからもわかるように安くそれなりの品質であれば、効果もそれなりということになります。

元々そこまで体臭やワキガ臭が強くない人であれば市販品のアイテムでも十分ですが、本気でケアをしたいという人であれば有効成分を多く配合した高品質なアイテムを選ぶことをおすすめします。

例えばクリアネオであれば返金保証制度もあるため、もし肌に合わないといったトラブルがあった場合や、効果に満足できない場合は返金もしてもらえるのも魅力の1つです。

>>当サイトで実際にクリアネオを使ってみたレビューはこちら

是非この記事を参考に自分に合ったデオドラントアイテムを見つけてみてください!



クリアネオの詳細はこちら