わきが対策クリニック
*

ワキガの治療方法とは?

ワキガの治療方法にはいろいろなタイプがあります。
どれもワキガ対策としてはおすすめのものですが、自分のワキガの状態にあった治療をしなければなりません。

傷跡の問題や治療費などの問題で、自分にあっていない治療をしてしまうと後々結局困ることになるようです。

ワキガの主な治療方法

薬による治療

保険適用が認められている抗コリン剤の内服液です。汗の分泌を押さえますが、副作用として目や口の渇きが出てしまいます。また精神的に自律神経に影響を及ぼし、アポクリン腺を刺激している人には精神安定剤や鬱薬などの投与も行われることもあります。

手術するほどでない場合

ボトックス注射でボツリヌス菌を脇の下に注入して、汗を出す伝達物質の分泌を抑える方法です。ワキガ改善ではなく、汗を減らすことでニオイを軽減する方法です。ただし半年程度しか保たないと言われています。

直視下手術法

腋の下の皮膚をひっくり返して、すべてのアポクリン腺を取る直視下手術法は、確実に腋の下の皮膚をひっくり返してアポクリン腺を目で確かめながら切っていくものです。再生率も低く確実な手術と言えそうですが跡が残ります。

非直視下手術法

また非直視下手術法は、穴を開けたところからの手術がいくつかあります。例えば皮下組織吸引法は脇に穴を開け、吸引器によってアポクリン腺を吸引していきます。同じように超音波吸引法というものもあり、皮下組織吸引法をベースにて超音波によってアポクリン腺を破壊していく方法です。ヤケドなどのリスクがあるので技術のある医師の下で行うようにしましょう。

他にも皮下組織削除法というタイプの手術もあります。
カミソリの刃と皮膚を押さえるローラーを組み合わせた機器で行います。

皮下組織ごと削るので効果は高いものの皮膚壊死のリスクがあります。これも技術の高い医師によることが条件となりそうです。
非直視下手術は、跡は残らなくても直視下手術よりずっと再発率は高くなります。(クリニックによって手術のネーミングは違います)

保険適用料金の手術は? 

この中で保険適用できる手術方法は1つだけです。
直視下手術法のみで、ほとんどの美容クリニックでは保険適用はなく、ワキガ専門のクリニックや皮膚科などで行っているところが多いようです。

医師の判断でワキガの保険適用が許可されると、直視下手術法でのみ行うことができます。

保険が適用されると費用はなんと両脇で5万円弱で行われます。保険が適用されなければ、この手術は20万から30万が相場なので、とてもお得になります。

しかし、傷跡のことまでしっかり考えてやってもらうなら、やっぱり美容外科の方がいいという場合もあるかも知れません。
実際には医師の腕にも大きな関係があり、慣れた腕のいい医師によると傷も随分きれいになります。

また傷の場合は皮膚の状態も個人差があるので何ともいえない部分もあります。とにかく、ワキガ手術に慣れている医師にお願いするようにしたいものです。

そしてやっぱりデオドラントを

そしていろいろな治療をしても、やっぱりデオドラントは自分で意識するべきではないでしょうか。

発汗を抑えニオイを徹底的に抑える「ラポマイン」、「ノアンデ」や欧米でも人気の高い「デトランスa」などもおすすめです。
デオドラントはしっかりした商品を使うことで、確実にその効果を実感することができます。

>>わきが対策クリームの人気ランキングはこちら

関連コンテンツ

005

ワキガは飲み薬で治すことができるのか?

ワキガ治療にはいろいろな方法があり、手術も最終的には考えた方が場合もあります。手術は軽いワキガから、重度のワキガまで、治療はいろいろです。手術まで必要のない場合は、治療薬を使うこともあります。

005

ワキガを治すお勧め塗り薬

ワキガを治すためには、病院などでの処方薬と市販薬があります。特にワキガは病気ではないので、どうしても手術をする場合意外は、あまり病院に行っても治るというものではありません。

005

お勧めのワキガクリームと選び方のポイント

ワキガ対策としてワキガ対策のクリームのご紹介と、その必要性、特徴などをまとめてみましょう。ワキガといってもいろいろなタイプの人がいますが、どんなタイプの人にもおすすめのしっかり効果が期待できる、人気の高いワキガ対策クリームのご紹介です。

005

ワキガを治す漢方薬とは?

ワキガ治療に漢方薬を使う方法もあります。ワキガ治療を漢方薬だけでなく、手術などと組み合わせる場合や、軽度ならデオドラントと組み合わせて改善していくという方法もあります。

005

ワキガの手術は失敗する時がある?

ワキガ手術で失敗と言う場合もあります。もちろんクリニックや病院で行うため医師による手術になります。ただ失敗か失敗ではないかは、なかなかその境がはっきりしていないために、医師がはっきり失敗ですとなかなか言わないことも現実です。

005

手術後にワキガは再発することがある?

ワキガ手術にはいろいろな方法がありますが、どれもアポクリン汗腺をなくすことがワキガ改善には絶対に不可欠な問題です。ワキガ体質の人は日本人にも多く、アポクリン汗腺の量によってワキガと判断されるか、されないかが決まります。

005

ワキガを治すおすすめデオドラントスプレー

ワキガを治すためには、ワキガ臭を抑えるデオドラントが重要な役割となります。ワキガの消臭だけでなく汗を抑えることができなければなりません。汗が衣類に付いて、そこに細菌が繁殖すればワキガのニオイはますますひどくなります。



クリアネオの詳細はこちら