わきが対策クリニック
*

野菜を多く摂取するベジタリアンはワキガになりにくい?

野菜を持つ女性

ベジタリアンはワキガになりにくいのでしょうか。
そんなふうに言う人がいますが、ベジタリアンならワキガはいないのかというと、ベジタリアンの多い白人にはたくさんワキガがいます。

もっと食生活とワキガについて考えてみましょう。

ワキガと食事

実は食生活に関係なく、ワキガの人は生まれたときからアポクリン腺を持っています。
その量が多ければワキガと判断され、少なければワキガ体質ということで、ときどきニオイがあるという程度となります。

生まれ持ってアポクリン腺の量も決まっているので、それを食品によって減らすことはできないのです。
特にアポクリン腺がない人や、とても少ない人にとってはどんなに野菜を食べずに肉中心の食事を摂ってもアポクリン腺が増えることはありません。

でも、動物性タンパクや脂肪を中心にした食事は、アポクリン汗腺が活発になるため、ワキガ臭が強くなることは事実なのです。
そうなるとワキガがひどくなったようにニオイは強くなります。

そして長年の食事の影響がワキガ臭を強くするということは定説になっているのです。

しかし即ワキガ臭に影響があるのかということを知りたいと、ある皮膚科の医師がワキガの人にアンケートをしたところ、ほとんどのワキガ臭を持つ人が肉などの多い食事の次の日と、野菜の多い和食の次の日では汗のニオイが違うという結果になったそうです。

この結果から動物性の脂肪がニオイを強くしていることと、食事の熱産生の関係があるのではないかということも言われています。

野菜を多くバランスの良い食事を

waki61ベジタリアンになるには、相当な決心をしなければ簡単にはなれません。
それより食事の傾向として肉を少なくして魚や大豆などで補い、野菜を多く摂るように意識しましょう。

それによってアポクリン腺が落着いてワキガ臭が少し弱まる可能性があります。

食べ物でワキガ臭を減らすなら

食事によってワキガ臭を減らすなら、野菜中心のバランスの良い食事だけでなく、アルカリ性食品を摂ることをお勧めします。
実は一般の汗腺から出る汗でも、ここちのよい汗のニオイと不快なニオイがあります。

不快なニオイの成分は血液を酸性にする食べ物なのです。本来は弱アルカリ生のph7.36~7,44程度ですが、それが酸性に偏っていくと血液はドロドロになってしまいます。

そして汗も不快なニオイになる傾向があるのです。
そのため体臭予防のためにはアルカリ性の食物を食べてバランスをとることが重要です。

アルカリ性食品をちょっとご紹介しましょう。やっぱり何と言っても梅干しが最高です。
次に海藻類、コンニャク、椎茸、ほうれんそう、大豆、バナナ、緑黄野菜などがあり酸性食品は砂糖、卵、肉となります。
この辺を意識して食生活を考えてみましょう。

肉を食べるなということではなく適量を食べ、そのかわりアルカリ性食品で中和をしましょうということなのです。

まとめ

つまりベジタリアンになってもワキガ臭がなくなることはなく、際だって少なくなることはないということです。

ただ、今より少しでもワキガ臭を弱くしたいなら、
「バランスのいい食生活でアルカリ食品を意識的に摂りましょう」ということです。

そしてもう一つデオドラントを充実させることを考えましょう。
食事改善での内面からとデオドラントクリームなどで外側からもケアすることでよりわきがの発生を予防することができます。

例えば一回塗ったら10日は汗を抑えてニオイを抑えるデトランスαなどもおすすめです。

>>お勧めのワキガ対策クリーム一覧



クリアネオの詳細はこちら