わきが対策クリニック
*

緑茶には防臭・消臭効果がある?

緑茶

洗顔石鹸などでも、お茶の成分が配合されたものがたくさんあります。

緑茶には防臭、消臭効果があるというのは本当なのか、そしてお茶を飲むとワキガ体質改善されるのか、その辺をもう少し深く掘り下げてみましょう。

緑茶の消臭効果について

緑茶に消臭効果があるということは、日本人なら意外と知っているのではないでしょうか。
実際に緑茶の消臭効果は緑茶に含まれるポリフェノールの効果なのです。

カテキンやフラボノイドなどのポリフェノールがニオイの元の物質と化学反応を起こして、まったく別のものに変化させてしまいます。
それが消臭という効果になるのです。

緑茶は消臭効果だけではなかった

緑茶は消臭効果だけでなく殺菌効果も高いのです。
抗菌、抗酸化作用があり、ニオイの元とも言えるワキガ菌の増殖を抑えてくれるため、ニオイの発生が抑えられるのです。

消臭と抗菌というとワキガ臭や一般汗臭にもピッタリです。

緑茶利用法

緑茶は一番茶が味は最高ですが、実は消臭効果を期待するなら二番茶、三番茶の方が効果は高くなります。

薄くなると心細く感じますが、実は効果は出がらし茶にあったのです。
一番茶にはビタミンやカフェインが多く出てしまいます。

そして二番茶、三番茶になるとカテキンなどが出てくるのです。
また出がらしのお茶をガーゼに巻いて脇などを拭くようにすると、それだけでもワキガ臭が抑えられます。

体の中からも緑茶効果を感じることもできます。
できるだけ体をアルカリにすることが大切ですが、水分補給にお茶を飲むようにしましょう。

特にワキガ体質の人はお茶を飲むようして、出がらしの葉っぱで脇の下を拭いてみましょう。
軽いワキガ体質の人ならそれだけでもニオイが相当違うはずです。

つまり緑茶は飲んでも、塗っても、茶殻までも利用できるワキガ体質の人にはとても嬉しいものだったのです。

特に軽いワキガの人なら、お茶だけでばっちりです。
百均で小さなスプレーボトルを買ってきて、そこに毎朝飲んだお茶の出がらしを入れておいて、2時間程度たったらシュッとスプレーしましょう。

強いワキガの人は

強いワキガ体質の人の場合は、お茶は体の中に補給しても、デオドラント代わりにはちょっと心もとないところがあります。

やはり緑茶では消臭効果や殺菌効果の耐久時間の問題があるので、しょっちゅう拭くことができないときには、質の高いデオドラントクリームなどを使用するようにしましょう。

例えば抹茶エキスの他ヨクイニン、シャクヤク、ワレモコウ、柿渋など天然素材のワンプッシュ一塗りタイプのノアンデなどおすすめです。

また一塗りのロールオンタイプで10日汗を抑えて消臭するというヨーロッパでも大人気のデトランスaなどもおすすめです。

多汗症の人にもおすすめ

ワキガでなくても、多汗症の人もワキガ臭ではなくても汗のニオイは気になるものです。

アポクリン腺はなくても汗もやはりワキガと同じように時間がたつと臭くなります。
そんなときにもお茶の力はあなどれません。



クリアネオの詳細はこちら