わきが対策クリニック
*

ワキガ予防に効果があることとは

ワキガ臭が気になる人は、まずワキガ臭の予防が肝心です。

その方法はいろいろあり、ワキガ臭の度合いによっても違ってきます。
まずアポクリン腺に焦点を当てながらワキガ予防に効果のあることを考えてみましょう。

アポクリン腺について

アポクリン腺は汗腺の一つで、ここから出る汗はワキガ臭の元となる成分が含まれています。
れを細菌が分解し繁殖することで独特のワキガ臭が発生するのです。
この辺はもう当然多くの人も知っているところでしょう。

アポクリン腺はそれぞれ生まれ持って違った数を持っています。
少量なら普通の汗のニオイにワキガ臭が少し混じる程度で特にワキガとは言いません。単なるワキガ体質ということになります。
ある程度の量になるとワキガ臭が強く感じるようになり、その強さも人それぞれです。

アポクリン腺はいくら切り取っても少しでも残っていると、もともと持っていた数まで再生する力があります。
つまり手術でアポクリン腺をほとんど取ったとしても、少し残っていれば、再生して増えてしまう可能性があるのです。

ワキガ予防のためには

ワキガ予防のためには幾つかの方法があります。

  • アポクリン腺をなくすこと
  • 汗をかかないこと
  • 細菌を殺菌すること
  • ニオイを消臭すること

簡単にまとめるとこの4つではないでしょうか。

アポクリン腺をなくすには手術しかありません。
しかし手術ですべてのアポクリン腺を取りのぞくことができるとは限らないのです。
手術は穴を開けてアポクリン腺を吸い取る方法と、皮膚をめくってしっかり取る方法がありますが、すべて取る率の高い皮膚をめくる方法でも100%とは言い切れません。

次に汗を止めるならアポクリン腺にボトックスを注射することで汗を極力かかなくしてくれます。
しかし数カ月で効力がなくなるので、そのたびに注射が必要になるのが難点です。

また殺菌や消臭なら効果の高い持続性の高いデオドラントクリームがおすすめ。
また時々消臭スプレーをしたり、お風呂ではデオドラント石鹸を使用することもワキガ予防につながります。

生活改善によるわきが予防

あとは体の中から改善し、少しでもアポクリン腺を活発にしないこと。

また汗の成分を食べものなどでコントロールすることができます。
ストレスなどはアポクリン腺を活発にすると言われています。
できるだけ1日のストレスはその日のうちに取るようにしましょう。
睡眠を十分取ることも同様に重要です。

また食べものは脂分の少ないものを意識し、お酢を多く摂るようにしましょう。
抗酸化成分の高いものや、梅干しなども意識的に摂ります。

手術をしてもやっぱりデオドラントは必要

ワキガ改善の手術をしてもその効果は確実ではないとしたら、やっぱりわきが対策用のデオドラントクリームを使うことはとても重要です。
一般の体臭にも、もちろん効果があるのでデオドラントクリームはニオイの敏感な人にも欠かせません。
ヨーロッパでも人気の強力デオドラントクリームのデトランスaや、ラポマイン、ノアンデなどは特に人気がありおすすめのデオドラントです。

関連コンテンツ



クリアネオの詳細はこちら