わきが対策クリニック
*

ウルセラドライとミラドライの違いとは?

レーザー

ウルセラドライとミラドライは、わきがの治療法としてネーミングも似ているので、同じような治療法と思っている人も多いのではないでしょうか。
確かに似ているこの2つの治療法の違いとメリットやデメリットなども考えてみましょう。

施術対応の病院について

ウルセラドライの場合は日本では川崎中央クリニックなどをはじめ、他2院で行われています。
また、ミラドライはミラドライの機器メーカーであるアメリカのミラマー社から認定されたクリニックのみが行えることになっています。
そのため信頼のおける医師による施術が行われています。

治療法について

ウルセラドライミラドライの治療法は少し似ています。

まず、ミラドライはマイクロ波(電磁波)を使ってアポクリン汗腺を加熱破壊していきます。
汗腺とその極近い部分にエネルギーを集中されるので、他の部分への負担が少ない方法として一番安全だと言われています。

ウルセラドライ法は高密度超音波で、熱エネルギーを汗腺のある層だけに当てものです。
この2つはどちらもメスを使わずに汗腺のみを破壊する方法ですが、高密度超音波とマイクロ波(電磁波)を使うところが大きく違います。

それによってミラドライの場合は60~90%の減汗、ミラドライの場合は約70%の減汗が期待できるというものです。
また施術時間についてはウルセラドライが約40分程度、ミラドライは約1時間程度と少し違いがあります。

再発について

再発についてはミラドライの場合もウルセラドライの場合も、再発がないということはありません。
まず汗を減らす効果のある治療法であって100%の効果はありません。
そして人によってその減汗率も違ってくると言われています。

施術後、時間がたつにつれ元に戻ってしまうことを再発と言いますが、どちらも再発のリスクはあります。
そして2回目の施術を行うこともでき、それによって効果を高めることもできます。

価格の違いと保険について

ウルセラドライ 約30万円
ミラドライ 35~45万

価格的にはウルセラドライは30万円となっています。
ミラドライの場合は35万円~45万円で、行っている病院によっても多少の違いがあります。
また、どちらも保険適用外となっています。

手術後の傷について

どちらもメスを使わないので皮膚の傷はありません。
しかし皮膚の奧でヤケドを起こした場合、皮膚にヤケドの跡が出たり、色素沈着が残ったりすることもあると言われています。
ミラドライは熱を加える部分がアポクリン汗腺と汗腺の極近くの部分だけダメージを与えるため、ヤケドなどの負担は少ないと言われています。

そして、汗腺のある部分より一段上の真皮部分を冷やすシステムがあるので、ほとんどヤケドが表皮に影響を与えません。
ウルセラドライの方が色素沈着などの後遺症が口コミでは多く感じます。ただし、一生残るような傷はどちらもありません。

2つの共通メリット

2つとも傷を付ける施術ではなく、全身脱毛はフラッシュやレーザーによって毛根にダメージを与え、同じように電磁波や超音波によってアポクリン汗腺を破壊します。
これらの治療法では傷も残らず短時間の施術で、わきが治療ができるところがメリットです。
どちらも施術当日からシャワーも使え、次の日からは入浴もOKとなっていて、誰にも分からずに施術を行うことができるところもメリットです。

共通のデメリット部分は?

しかしどちらも汗腺を破壊しても、約70%前後が限界ということもあり、現状のわきが臭が70%低減するということになります。
そのため100%確実にわきが臭をなくすということは、なかなか難しいというところがデメリットではないでしょうか。

またどちらも数回の施術もできると言われていますが、やはり1回の価格が30万円以上ということもあり、なかなか何回も施術を行うのは大変です。
そして保険対象ではないということもまたデメリットの1つです。

>>わきが手術で有名なクリニックを紹介



ウルセラドライとミラドライの違いとは?関連ページ

剪除法とは?費用やデメリットについて
わきが手術の中でも基本的な手術法が剪除法と言えるのではないでしょうか。 剪除法とはどのような手術なのか、傷や再 […]
ウルセラドライとは?費用や失敗するケースについて
現在わきが治療法にもいろいろなタイプの方法がありますが、その中の1つであるウルセラドライという方法があります。 […]
ミラドライとは?料金や再発するケースについて
わきが手術の1つとしてミラドライという治療法があります。 どのような治療なのか、痛みはあるのか、効果はどのよう […]

クリアネオの詳細はこちら