わきが対策クリニック
*

酢はわきが改善として効果的なのか?

酢

ワキガに対しては本当にいろいろな処方が、ネットなどを見てもたくさん出てきます。

中には怪しい民間療法まであるようですが、本当の情報をしっかりと知っておくと、とても有効に利用することができます。
そういう意味からも、ここでは酢でワキガを治すということについて掘り下げてみたいと思います。

酢というと、あのクエン酸のツーンとくるニオイを想像し、ワキガのニオイと混ざったら強烈なニオイになりそうですが、さてクエン酸がどのようにワキガにとって良い影響があるのでしょう。

クエン酸を摂取する

ワキガのニオイの基本はアポクリン腺から出る汗にいろいろな成分が含まれていることから、そこに雑菌が繁殖して悪臭が発生すると言われています。

つまり雑菌をなくすか、アポクリン腺からの汗成分を減らすことが重要になります。
そしてこの両面をクエン酸は持っているのです。
※トイレ後のアンモニア臭の消臭にもクエン酸が使用されたりもします。

クエン酸は体の中でエネルギー代謝に大きく影響があり、エネルギー発生時に出る乳酸が発生しにくくなるのです。

この乳酸が体に溜まってしまうと疲れも激しくなるので、夏バテや疲労感が強いときには酸っぱい物が食べたくなりますが、これこそ体が乳酸を分解したいためにクエン酸を求めているのです。

クエン酸を摂ると乳酸が発生しにくく、アポクリン腺から出る汗はとてもきれいなものとなり、汗成分に変化を起こすことができます。アポクリン腺から出る汗にいろいろな成分が含まれるほど臭いニオイが発生するので、クエン酸の摂取によってワキガのニオイを抑えることができるのです。

酢を摂るには毎日大さじ1杯程度を飲むようにしたり、梅干しやかんきつ類などを意識的に摂取するようにしましょう。
ただし梅干しは塩分も多いので、梅肉を煮つめた梅肉エキスなどの利用もおすすめです。

酢の消毒効果

酢には強い殺菌力があることをご存じでしょうか。
例えば酢飯やお弁当に梅干しを1個入れておくだけで夏場などでも保存力が高く、カビも生えにくくなります。
つまり防菌、防かび効果がとても高いのです。

ではこの酢を塗ればいいのかと思われそうですが、それはあまりにも強いので、酢をお風呂に入れて入浴するようにしましょう。

浴槽にはコップ1杯程度の酢が適量となります。
ただしこの方法の効果は強いものではないので、酢の効果を十分利用したデオドラントクリームなどの併用もいいかも知れません。

酢を使う際の注意

酢はこのようにとてもワキガ防臭効果は確かにありますが、これだけで徹底的にワキガ対策ができるかというとなかなか難しいところもあります。

基本的にはワキガを治すのはアポクリン腺を一切なくすということしかないので、ワキガ臭を抑える方法としての効果しか期待はできないのです。

そのため軽度、中等度のワキガ対策はできても完治はできません。
またデオドラントクリームも同時に利用することもおすすめです。例えば汗を抑えてくれる「デトランスa」やナチュラル素材の成分による肌にやさしい「ラポマイン」や「クリアネオ」なども人気があります。



クリアネオの詳細はこちら