わきが対策クリニック
*

塩化ナトリウムでワキガは治る?

ナトリウム

ワキガの人にとってどれが一番良い防臭になるかいろいろ考えるところですが、塩化ナトリウムでワキガが治るというのは本当でしょうか。
その辺をもう少し検証してみたいと思います。

ワキガ臭をなくすには

ワキガ臭をなくすには

  • アポクリン腺から出た汗のニオイを発生させる細菌を消滅させること
  • 汗をかかなくすること
  • アポクリン腺をなくすこと
  • 汗から発生したニオイを消臭すること

という4つしかありません。

まずアポクリン腺をなくすのは手術という手段となりますが、なかなかすべてを取り切ることができないのが現状で、少しでも残っているとまた再発する可能性は高いとも言われています。

また細菌を消滅させることはアルコール消毒液でもできますが、やはり持続時間が短く肌にも刺激が強いので、なかなかこれだけでは効果は期待できません。

その点デオドラントクリームなどは質の高いものなら、だいぶ持続時間が長いので効果は期待できます。

また消臭もデオドラントクリームなどは非常に効果のあるものもありますが、やはり1度におってしまったものが衣類に付いてしまうとデオドラントクリームでも消臭は難しくなるので、臭くなる前に効果を切らさないようにするしかありません。

汗の発生を抑える塩化ナトリウム

nato01そして、汗の発生を抑えるのが塩化ナトリウムです。病院の処方ではこの塩化ナトリウム液が処方されます。
塩化ナトリウムは主に制汗作用があり、消臭作用もあるので軽いワキガならこれだけでもだいぶ臭わなくなるでしょう。

もちろんこれにデオドラントクリームなどをプラスすれば完ぺきではないでしょうか。

他にも汗を抑える内服薬として臭化プロバンテリンという抗コリン剤があります。
これも汗が出るときに必要な伝達物質のアセチルコリンの分泌を抑えてくれるというものです。

保険適用となっている薬なので、病院で処方されますが唾液や涙、尿などすべての水分排出を抑えるので口や目の乾き、尿がでにくいなどの副作用が出ることがあります。

塩化ナトリウムの使い方

塩化ナトリウムは大体20%の濃度の塩化ナトリウム液として処方されることが多いようですが、病院によっては自分で薄めるタイプや、15%のものなどそれぞれ違うようです。

処方された塩化ナトリウム液を風呂上がりに綿などでパッティングするように付けておき、次の日の朝に洗い流すとかゆみなども防げます。

もともと人によってかゆみが出ることもあるので、朝洗い流してもかゆいときにはもう少し薄めるようにするといいでしょう。

塩化ナトリウム配合のデオドラントアイテム

deto05自分で塩化ナトリウムを使用してワキガ対策をするというのは非常に面倒ですし、大変です。
また、副作用の心配もあるため使用するにはしっかりとした知識が必要です。

そこでお勧めなのが塩化ナトリウムを配合したデオドラントアイテムの「デトランスα」。
塩化ナトリウムが既に成分として配合しているデトランスαであれば塗るだけなので簡単にワキガのケアができます。

ワキガ臭が強いと言われる欧米人向けに開発された商品のため、日本人にはかなり効果が高いと販売実績も25万本を突破している人気アイテムです。
気になる人は是非チェックしてみてください。

>>デトランスαの効果や使用方法の体験談はこちら



クリアネオの詳細はこちら