わきが対策クリニック
*

ベビーパウダーにワキガ改善効果はあるの?

ベビーパウダー

ワキガ臭にベビーパウダーが効果あるということを、聞いたことはないでしょうか。
ワキガ臭に悩んでいる人にとってワキガ臭対策は、いろいろ知っておくと上手に利用できるはずです。
ここではワキガ臭とベビーパウダーの関係をご紹介しましょう。

ワキガ臭対策にベビーパウダーは効果あるのか

ワキガ臭対策に効果が「ある」「ない」と言えば、「一応ある」という答えになってしまいます。
ベビーパウダーは確かに汗のかきやすいところに、パタパタパタっとはたくだけでサラサラに。
そのため特に赤ちゃんや小さい子供の「あせも」などのできやすいところに、パタパタすることが多いのではないでしょうか。

ワキガの人もお風呂から上がって、脇の下にパタパタすると汗を多少抑えるので、サラサラになり気分良い時間が過ごせます。

ただし、発汗作用をしっかり抑えるほど強力な効果はないので、1時間もたてば効果は低下してしまうことに。

ベビーパウダーは汗に弱い

ベビーパウダーは汗対策ができるにもかかわらず、汗に弱いという性質があります。
キメの細かいパウダーのため、汗のべたべた感を低下させる働きがありますが、濡れている部分に付けてしまうとパウダーは固まってしまいサラサラにはなりません。

また、ベビーパウダーを付けてから、ある程度汗の量が増えると流れてしまいます。

そして毛穴に詰まってしまうこともあり、ニキビの原因にもなるので注意しましょう。
つまり肌をしっかり拭いてからベビーパウダーを付けるようにしなければ意味がありません。
どんどん汗をかいている状態のときに、例え汗を拭いてから付けても次々と汗が出れば流れてしまいます。

やはり効果的に使うなら、あまり発汗していないときにパタパタとはたいておきましょう。
大体1時間程度気分の良い時間を過ごすことができます。
脇や肘の内側、膝の外側、首など皮膚が摩れやすいところは、ベビーパウダーを付けておくことでサラッとする時間をつくることができるでしょう。

ワキガ対策に大切な5項目

ワキガ対策に大切なことは、

  • ①アポクリン汗腺と成分の低減
  • ②発汗抑制
  • ③殺菌力
  • ④消臭効果
  • ⑤快適性

の5つです。

①アポクリン汗腺と成分の低減

まず①のアポクリン汗腺と成分の低減とは、ワキガの人に存在しているアポクリン汗腺に含まれている成分を低減させることと、汗腺自体を無くすことです。
アポクリン汗腺の成分が薄まれば、汗に含まれる成分も薄まるので、それを分解する常在菌の分泌つまりワキガ臭が薄まるということになります。

②発汗抑制

次に②発汗抑制とは、ワキガの人でも汗が少なければアポクリン汗腺から出る汗も少なくなり、それによって常在菌の分解する量も少なくなるためワキガ臭も低下します。

③殺菌力

そして③殺菌力ですが、もし常在菌が殺菌されてしまえば、アポクリン汗腺から出た汗をかいても臭いはしません。

アポクリン汗腺から出た汗と一般の汗腺から出た汗は、成分は違っていても汗自体には臭いはありません。
常在菌がもしいなかったら、あとは酸化することで臭いが発生するだけなので、随分ワキガ臭の度合いは違ってくるはずです。

④消臭効果

④消臭効果は出てしまった臭いを抑えるために必要です。
消臭効果だけではワキガ臭対応は物足りなさがあります。

⑤快適性

そして⑤快適性とは、ワキガの人はいつも臭いが気になっています。
しかしそれこそ大きなストレスです。ストレスは体を酸化してしまう原因となり、ワキガ臭を強くする原因にもなるのです。
そこで入浴から上がったときなど、少しでも快適な時間を作ってストレスを解消するようにしたいものです。

ベビーパウダーの発汗抑制について

ベビーパウダーを塗る汗をかくこと自体抑制することができれば、ワキガ臭はなくなります。
時間的には長時間効果を維持することはないものの、サラッとした感覚の良さと軽めの発汗抑制が期待できるベビーパウダーも発汗を抑制する効果は多少あります。
寝る前やお風呂上がりなどに上手に利用すると、サラサラ感が気持良いはずです。
ただし、デオドラントアイテムなどと比べると効果は高くないためおすすめできません。

他の発汗抑制の方法としては、美容整形でシワを改善するために使われるボトックス治療があります。
ボツリヌス菌という猛毒菌を注射することで、筋肉麻痺を起こさせるものです。
それによってシワが消えてしまいますが、脇の下に打つことで脇の筋肉が麻痺し、発汗が抑えられる効果が得られるのです。
注射をしてから約3~4日で効果が出てきます。効果は個人差がありますが約3~6カ月続きます。

他にワキガ専用のデオドラントには、発汗を徹底的に抑制するタイプのものも。
もちろん発汗を抑え、その上で殺菌、消臭などの効果も持ち合わせたタイプのデオドラントです。
発汗抑制を望むなら、発汗抑制に特化したデオドラントを選ぶようにしましょう!

ベビーパウダーの殺菌力について

殺菌力を高めることで常在菌を殺菌します。
常在菌がアポクリン汗腺から出た汗を分解することで分泌する成分があのワキガ臭の原因です。
ベビーパウダーの殺菌力とサラサラ感は、一時的ですが風呂上がりの快適性がアップ。
お風呂上がりに体をしっかり拭いてから、脇に軽くはたいておきましょう。

他の方法としては常在菌をできるだけ殺菌するために、まず入浴に使う石鹸は殺菌力の高いワキガ用の石鹸で洗浄しましょう。

それでも体全体の常在菌を殺菌することは難しいものです。
また常在菌がいなくなってしまっては、皮膚の健康を保つことは出来ません。
しかし脇の下には殺菌力の高いワキガクリームなどをしっかり塗るようにして、脇の下周辺に常在菌が近づけないようにしてします。

>>殺菌力の高いワキガクリームとは

ベビーパウダーの消臭効果について

デオドラントでも消臭効果の高いものもありますが、消臭効果だけではワキガ臭はなかなか抑えることはできません。
お風呂から出たらまず消臭効果と快適性の高いベビーパウダーを使用することも多少効果的です。ベビーパウダーには香り付きのものが多いです。

ただし、デオドラントアイテムなどと比べると効果は長続きしません。
特に専用のワキガクリームなら、殺菌力や発汗抑制力も備えた上で消臭効果の高いため、しっかりケアをしたい方はそちらがおすすめです。

ベビーパウダーの快適性について

ワキガの人は、入浴から出て寝る間までの時間ぐらいは、臭いを心配せずに楽な気分になりたいものです。
お風呂から上がってデオドラントを付けたら、ベビーパウダーを脇の下にはたくことで、快適なサラサラ感を得ることができます。
ワキガの人はやはり他人といるときには、体臭が気になり必要以上にストレスを抱えてしまいます。

お風呂から上がったときぐらい、ゆったりしたいものです。
そんなときに快適性をアップさせるベビーパウダーを使ってみましょう。
お母さんの優しさを感じる柔らかい香りと、気持の良いサラサラ感が1日のストレスをきっと癒してくれるはずです。

まとめ

ベビーパウダーはやはりワキガの人にとって、完全な改善法とは言えないようです。
ただしご紹介したようにストレス解消や、気持の良い感覚を得るために上手に使いたいものです。

しっかりケアをしたい方は消臭・殺菌効果が高いデオドラントアイテムを使うようにしましょう!
特にワキガや体臭ケアに人気のあるクリアネオなどは殺菌力と消臭力が高いためおすすめです!

クリアネオのレビューはこちら>>クリアネオの効果や使い方の体験レビュー!



クリアネオの詳細はこちら