わきが対策クリニック
*

脇をアルコール消毒するとワキガは治る?

アルコール消毒

ワキガの独特の臭いニオイはアルコール消毒をすることで抑えられると言われています。
今はデオドラント商品もいろいろありますが、簡単にアルコールだけでもワキガを抑えることもできるので、軽度のワキガ臭が気になるときにはアルコール消毒も一つの方法です。

しかしデメリットもあるので、その辺もしっかり知っておくことが大切ではないでしょうか。

なぜ消毒が良いのか

waki60ワキガの臭いニオイはアポクリン腺から出る汗が原因だということはご存じだと思います。

特にアポクリン腺から出る汗に限って、ミネラルやタンパク質、鉄分などいろいろな成分が含まれてます。

しかしその汗が出た瞬間にはニオイはありません。
汗が空気に触れ常在菌が集まり、急激に繁殖をする過程で出るニオイがワキガ臭なのです。

ちなみに普通の汗でも時間がたつと雑巾のようなニオイがしますが、エクリン汗腺から出るので細菌が繁殖してもワキガ臭にはなりません。

どちらにしてもニオイには細菌が大きくかかわっているため、殺菌消毒はニオイ防止に高い効果を示してくれるのです。

エタノール濃度に注意

肌に付ける消毒薬としては手の消毒用アルコールを利用するか、エタノール濃度が76.9~81.4のvol%のものであれば同じように利用できます。

アルコールは殺菌力が高いからといっても、お酒を飲むのはまったく論外のこと。飲酒は逆にワキガ臭を助長するので要注意です。

アルコールの殺菌効果の持続時間

しかしアルコール消毒での問題は殺菌効果の持続時間です。
まず100%殺菌はできなくても、多くの殺菌ができるアルコールですが、その持続時間は3~4時間と言われています。

つまり3時間程度でアルコールをまた塗ることが必要になるわけです。

ニオイが出てしまうと、それが下着などに付き、その後殺菌をしても付いてしまったニオイはそのままとなります。
そのために持続時間は相当注意しなければなりません。

繰り返しの消毒によるリスク

そこで3時間ごとにアルコールを繰り返し付けることになると、今度は肌に対する影響が出てきます。

アルコールは揮発性が高いため、アルコールが蒸発するときに肌の水分も同時に蒸発させてしまうのです。つまりアルコールは確かにワキガのニオイ予防に効果が大ですが、これだけに頼ると肌がボロボロということになってしまいます。アルコールに過敏な人は、特に回数が多くなくても赤くなってしまいます。

そこで持続性の高く、保湿性の高いデオドラントクリームなどを利用することも考えたいものです。
しかしこの知識をしっておくと、いざ何もないというときにアルコールを上手に利用することもできるのではないでしょうか。

アルコール消毒に近いデオドラントクリーム

デトランスα知識が低い中でアルコールをワキガ対策として使用してしまうと副作用などが非常に心配です。
そこでおすすめなのがアルコール消毒のような効果を発揮するデオドラントクリームの「デトランスα

このデトランスαはアルコールに近いような匂いがするため、アルコールを塗ったような感覚になります。
また欧米人のわきが対策として開発されているため、配合成分が強力で多くの日本人のわきがを改善してきたアイテムの1つです。

一塗りで10日間汗を抑えニオイを止めるこのデトランスαなどワキガ臭対策デオドラント商品もあるので是非上手に使っていきましょう!

>>デトランスαを実際に使ってみたレビュー!



クリアネオの詳細はこちら