わきが対策クリニック
*

耳垢でわかるワキガのセルフチェック

耳垢チェック

耳垢によってワキガのセルフチェックができるので、まず自分でやってみましょう。
ワキガ体質かどうかを調べ、そこからワキガと言えるレベルか軽度・中等度・重度かということも、おおよそチェックできるというものです。

ワキガとワキガ体質などの違いからセルフチェックを考えてみましょう。

耳垢によってワキガ体質が分る

耳垢によってワキガ体質がはっきり分ると言われています。
まず耳垢が乾燥している場合はワキガ体質ではありません。

もししっとりしている、あるいは濡れているようならワキガ体質と判断できます。
これはアポクリン腺と類似の汗腺が耳の中にあるからなのです。

耳垢の湿度によっての判断は医学的に行なわれているものとなります。

ワキガの程度も分る

耳垢によってワキガの程度もある程度分ります。
ある程度というのは自分が判断するものなので、ズレがある可能性もあるということですが、おおよそのチェックはできるのでやってみましょう。

まずカサッとしている粉っぽい感じならワキガ体質ではありません。

湿っている程度の場合ではワキガは軽度で、ワキガ体質とワキガ軽度のギリギリの可能性が高くなります。
つまりしっかりデオドラントをしておけばニオイは抑えることができる程度です。

また完全に濡れているなと感じる場合はワキガの中程度と言えそうです。
この場合はデオドラントで防げますが、気は抜けないのでしっかり対策をすべき程度となります。

気になったら手術も考えられますが、この程度では保険で効く手術は受けられません。

耳垢がキャラメル状になっている場合は、ワキガ体質は重度と考えましょう。

この場合は手術でアポクリン腺を取ることも一つの手段です。
医師が認めれば保険の効く手術をすることもできます。

しかし、完全にアポクリン腺がなくなるという確実性はないので、デオドラントを並行して使うことがおすすめです。

ただし1回の耳垢で判断せずに、何回か耳垢をチェックしてみましょう。
ワキガ体質とワキガ軽度の境の人は時によって湿っていたりカサカサしたりすることもあります。

つまり湿り気が弱いと、すぐに乾燥してカサカサになるということがあるからです。
数回のチェックで湿り気のある耳垢が出たら要注意と考えましょう。

ワキガ体質とワキガの違い

ワキガ体質というのは、アポクリン腺というワキガ汗腺がある人のことを言います。
そこから出る汗はワキガ臭がしますが、アポクリン腺の量によってはワキガと感じるほどニオイはしません。

つまりアポクリン腺がある程度の量を超えるとワキガとなります。
もともとアポクリン腺がない人はワキガ体質とは言いません。

アポクリン腺は生れつきその量も決まっているものなので、後からその量が減ったり増えたりするものではありません。

ただしワキガ体質の人はアポクリン腺が少なくても、食べ物などによってはアポクリン腺が活発になるとニオイが強くなることはあります。

このようにアポクリン腺を持っている人がワキガ体質であって、その中で軽度のワキガと中等度、強度のワキガと分けられるのです。
またワキガ体質、ワキガの人は全体的に多汗症の人も多いので、よりワキガ臭が気になることもあります。

>>汗をかかなくてもワキガは臭うものなのか?

ワキガに効果的なデオドラント

ワキガに効果的なデオドラントもいろいろあります。柿渋の効果を最大限利用したラポマインはジェルタイプです。

また10日も汗を抑制してニオイを止めるというデトランスa。
ワンプッシュで塗るノアンデや体臭すべてに効果の高いクリアネオなども人気があります。

>>人気のデオドラントクリームBEST3はこちら



クリアネオの詳細はこちら