わきが対策クリニック
*

タバコはワキガの原因になる?

タバコを吸う人

タバコとワキガの関係はどのようなものなのでしょう。喫煙者にワキガが多いのでしょうか。
ニコチンと体臭に何か関係があるのかなど、もう少し掘り下げてみましょう。

ニコチンと汗

ニコチンとワキガの関係を探っていくと、汗が関係していることが見えてきます。
タバコの成分でもあるニコチンは、カフェインやリタリンなどと同じように中枢神経興奮剤と呼ばれているものの1つです。

もっと興奮を強くするものにはエフェドリンやコカインなどがありますが、そこまで強い興奮効果はニコチンにはありません。

しかし大脳皮質や大脳辺縁系を刺激するために、明るい気分になったり、前向きになったり、元気になる効果があります。

そしてニコチンには視床株という部分を刺激することも知られています。
この視床下部は体温調整をする部分であって、体温を高めて一般汗腺のエクリン腺を促進していきます。

エクリン腺の促進とワキガ

ワキガはアポクリン腺から出る汗が原因になりますが、ニコチンで一般汗腺のエクリン腺が刺激されると一般汗が多く出ることになります。

それによって、アポクリン腺からの汗量は変わらなくてもニオイが広がり、細菌分解率の促進が起こり、いつもよりワキガ臭が強くなります。

こんなときには天然成分配合の体臭、ワキガ臭のニオイ防止、除菌などに高い効果の「ノアンデ」などのデオドラントクリームもおすすめです。

一般汗とニオイ

ニコチンによって刺激されることによって、エクリン腺からの汗のニオイもバカになりません。
エクリン腺からの汗はワキガ臭にはなりませんが、時間がたつと細菌に分解されて古い雑巾のようなニオイがします。

これがワキガ臭と一緒になると、より強いワキガ臭を感じさせることになってしまいます。
このようなときには一般汗やワキガ臭に効果の高いデオドラントジェルの「ラポマイン」もおすすめです。

アポクリン腺も刺激されることも

しかしニコチンによってアポクリン腺が直接刺激され、発汗が促進されてしまうこともあります。
ニコチンは交感神経も刺激することがあり、それによってワキガ臭が強まるという直接的な原因になることもあるのです。

発汗作用を抑え徹底的にニオイを抑えるヨーロッパで、人気のロールオンタイプデオドラント「デトランスa」などの使用もおすすめです。

タバコ量との関係

このようにタバコとワキガには深い関係がありますが、これらの影響が出やすいタバコの量として1日に20本以上の場合が出やすいという研究報告がされています。

1日10本程度ではあまり影響はないとのことです。タバコ1本のタール、ニコチン量にはまったく関係なく、本数が大きく関係あると言われています。

タバコでビタミンCが破壊

しかし1日10本なら安心ということでもなさそうです。
ビタミンCやEはワキガなどの体臭の臭いの元になる、過酸化脂肪酸の増加を抑える効果があります。

ご存じのようにタバコ1本でビタミンCは25~100mgが破壊されると言われています。

タバコを1本数だけで、1日に大切な摂取量の70%が破壊されるのが現実なのです。

つまりワキガの人はできるだけビタミンCを取るべきなのにもかかわらず、喫煙でこのようなことになってしまうのです。
これがワキガとタバコの関係なのです。



クリアネオの詳細はこちら