わきが対策クリニック
*

汗をかかなくてもワキガは臭うものなのか?

女性

ワキガは汗とどのような関係があるのでしょうか。
汗をかかない人でも、アポクリン腺から匂いが出るものなのでしょうか。その辺をもう少し深く掘り下げてみましょう。

汗とワキガの匂い

ワキガの匂いは、アポクリン腺から出る汗によって匂うと言われています。
ほとんどはアポクリン腺からの汗の量と臭みが比例しますが、希にあまり汗が多くなくても、匂いが強いという場合もあるようです。

一般の汗が出るところをエクリン汗腺と言いますが、そこから出た汗とアポクリン腺から出た汗が混ざると、より匂いは強くなり匂い成分が遠くまで飛躍すると言われています。

アポクリン腺からの汗は細胞成分が多く混ざっているので、とても粘りけが強いものなのです。

いわゆる汗をかいたという湿った感覚がなくても肌にこびりつき、いつまでも匂うということもあります。
そのため汗をかいてないのに、ワキガの匂いがすると感じる場合もあるのです。

多汗症とワキガの関係

アポクリン腺は湿度の変化でも分泌が多くなります。また興奮したとき、緊張したときなどにもアポクリン腺の汗は活発になります。
これら精神性発汗などによって、エクリン汗腺の異常分泌が起こります。特にワキガの人は、多汗で悩んでいる人がとても多いのも現実です。

このようなタイプの人はワキの下だけでなく、手汗も異常分泌する人が多くいます。
そのため軽度のワキガなら多汗症の改善をするだけでも、ワキガが気にならなくなることもあるのです。

>>アポクリン腺とは?

多汗症について

汗には温度が高くなって出る温熱性発汗と、精神的なストレスや極度の緊張によって出る精神性発汗、辛い物を食べたときに出る味覚性発汗があります。
他に病気が原因の多汗と、健康体でありながらの多汗があり、全身が多汗になる全身性多汗症と、どこか一部分だけ多汗になる限局性多汗症などいろいろなタイプがあるのです。

特に限局性多感症の場合は、脇の下、手のひら、足の裏などの部位に発生しやすいと言われていますが、他に女性の場合バストの下や胯間に異常に汗をかくという人もいるようです。

この辺は精神性発汗部位でもあって、緊張することによって発汗異常が起こります。
手などは汗がしたたり落ちることもあり、脇の下なども汗が垂れてくる人もいます。足に裏の発汗異常は水虫になりやすくなります。

全身性多汗症の場合は感染症や内分泌、代謝性疾患、膠原病、悪性腫瘍、中枢神経疾患などが考えられそうです。

また原因となる病気がない、原発性全身性多汗症などが起こることがあります。確実な原因が分っていないものもあり、自律神経失調症という病名がついてしまうこともあるようです。

多汗症の治療

多汗症の治療としては外用薬治療やボトックス治療などがあります。ボトックスは美容クリニックなどで行っています。

ボトックス治療はポツリヌス毒素を皮内注射すると、その部分だけ汗をかかなくなります。1回の注射で3カ月程度の持続性が期待できると言われているものです。

また今は汗を極力抑えるデオドラントクリームなども今は人気です。
ちなみにヨーロッパでも人気の「デトランスa」などは、脇汗を対策として定評があり、一塗りで長時間も汗を抑えることができ、それによってワキガの臭いも抑えられるというものもあります。

他にもわきがクリームとして無香料で殺菌力が強い「クリアネオ」はその消臭力に定評があり、口コミなどで人気のデオドラントアイテムです。

>>クリアネオのレビューはこちら



クリアネオの詳細はこちら