わきが対策クリニック
*

女性陰部の臭いすそわきがの原因と対策

女性

「すそわきが」とも言われている、陰部からの独特なニオイは女性としてやっぱり気になります。
しっかりお風呂に入ってきれいに洗っているのにやっぱり気になるという場合、どんな対策があるのでしょう。

ここでは「すそわきが」のメカニズムを知って対策を考えていきましょう。
決して不潔だからではないことも納得できるはずです。

すそわきがの臭いの原因やメカニズム

すそわきがは外因部臭症という医学的な症状の呼名があります。
わたしたちの体にはエクリン汗腺アポクリン汗腺という2種類の汗腺があります。
エクリン汗腺から出る汗の内容は水分で無臭です。そしてアポクリン汗腺から出る汗も実は無臭なのです。

ただし汗の成分として脂肪、尿素、アンモニアなどが含まれているのです。
皮脂腺からアポクリン汗が出ると、これらの成分と脂肪酸が混じります。
そしてそれらの成分がたっぷり入ったアポクリン汗が毛穴から出ると、すぐに皮膚常在菌が分解を始めますが、このときに独特のニオイが出るのです。

稀に男性でもすそわきがになる方もいるようですが、圧倒的に多いのはやはり女性です。

性行為時や生理時が臭う

すそわきがはデリケートゾーンから発する臭いということもあり、性行為時に臭うことも多いです。
特に性行為後はアポクリン汗腺が刺激されていることもあり、デリケートゾーンの独特な臭いと混じって臭いは強烈になります。

生理の前後も女性ホルモンは安定しません。
そのため、エストロゲンが多くなることでアポクリン汗腺が活発になってしまい、すそわきがの臭いが強くなってしまうのです。

>>ワキガとホルモンの関係とは?

おりものや経血で菌が増殖する

生理が来た女性本来経血を排出した時点では無臭ですが、時間の経過と共に酸化し、雑菌が繁殖することで強い臭いを感じるようになってきます。
人によっては酸っぱいと感じる人もいるようですが、これはコリネバクテリウムという菌が原因になっています。

生理中の陰部はナプキンやオリモノシートなどで覆われることが多いため、ムレやすくなっています。
コリネバクテリウムらの臭い菌は高温多湿な状態を好むため、まさに臭い菌が繁殖しやすい環境となっているのです。

また、子宮筋腫によって経血量が多くなる時もあり、臭い菌は経血に含まれる分泌物や酵素なども分解しながら増えていきます。

アポクリン汗腺は誰でもあるの?

古来人類はアポクリン汗腺が、体のあちこちに存在していたと言われています。
しかし現在はもうほとんど退化してなくなっているとのこと。

今わたしたちの体にアポクリン汗腺があるところは脇の下、陰部、耳の中、乳首の周り、へその周りなどが多いと言われていますが、人によってはまったく体に存在していない人もいます。

また、脇の下に少しだけ残っている人や、陰部と脇の下に残っている人など個人差があります。
その量も個人差があり、少しだけ残っている場合はちょっとしたときに、軽く独特のニオイが発生する程度です。

アポクリン汗腺は成長期に増加する

アポクリン汗腺の有無、多少などは生まれつきのものですが、成長期に増加すると言われています。
ほとんどは片親が「わきが」体質であれば50%、両親が「わきが」の場合は90~100%遺伝するとのこと。また親でなくても祖父母からの遺伝ということもあるようです。

>>ワキガの親から子供への遺伝について

すそわきがのセルフチェック

陰部の臭いは意外と自分では気付かないものです。まさか?と思っていても、意外と自分も「すそわきが」があるかも知れません。
そこでセルフチェックをしてみましょう。

・下着に黄色いシミがつく
・陰毛の毛量が多い
・耳垢が湿っている
・乳首が臭う時がある
・パートナーに「臭う」と言われた時がある
・両親のどちらかがワキガである

やはり一番気になるのが下着に黄色いシミがつくことはないでしょうか。
特におりものの色ではなく、汗染みのシミが黄色くなっていませんか。

これはパンティーだけでなくシャツなどの脇のところも見てみましょう。
脇の下にアポクリン汗腺が多い場合は陰部にも多いことが多いので、どちらもチェックしてみるといいようです。

また1度でもパートナーにちょっと臭うと言われたことがあれば、それも可能性が高くなります。

ただし強い臭いがオリモノから臭う場合は、病気の可能性があるので婦人科に相談すべきでしょう。

すそわきがの軽減&対策方法

すそわきがの対策として考えられるのが以下の方法です。

  • 陰部を清潔にする
  • 陰部をよく洗う
  • 食生活を気を付ける
  • できるだけ通気性の良い下着を着ける
  • ナプキンなどはこまめに取り換える
  • 陰毛を脱毛する

陰部(デリケートゾーン)を清潔にする

お風呂に入る女性すそわきがは清潔が一番というと、
「もちろんいつも清潔には特に注意してます!」
という答えが返ってきそうです。
確かにニオイを気にしている人ほど実は清潔にしているのです。

しかしここで言う清潔という意味は、一般的に言う清潔とはちょっと違います。

アポクリン汗腺から出た汗は無臭です。
そしてその無臭の汗が悪臭になるのは、皮膚にいる常在菌が分解するからです。
この常在菌を近寄らせないことによってニオイは発生しないのです。つまりアポクリン汗腺が集中しているところに、常在菌を近寄らせないことが清潔ということなのです。

陰部をよく洗う

お風呂では石鹸を使ってよく洗うことはもちろん、トイレの後にはビデを使い陰部を洗うことを心掛けましょう。
ビデが無い場合はウェットティッシュなどを常備しておき、陰部をキレイに拭いてあげます。

お風呂から上がったときには常在菌は少なくなっていますが、すぐに栄養のある老廃物たっぷりのアポクリン汗に集まってきます。

どうしてもトイレットペーパーでは排泄物や分泌物の除去には限界があるため、ビデやウェットティッシュなどを上手に使うこともポイントです。

食生活を気を付ける

すそわきがやワキガは、アポクリン汗腺によるニオイは食事によってニオイの強弱は変化します。
特に暴飲暴食、脂肪の摂りすぎ、酸性食品の摂りすぎなどはニオイを強くします。逆に脂肪を減らしてアルカリ性食品を多く摂取することでニオイは弱くなると言われています。

そのため肉食より魚や野菜を中心にした食事の方が、ニオイは軽減するということになります。
また生理中やホルモンバランスを崩したときなども強くなることがあります。

できるだけ通気性の良い下着を着ける

通気性の悪い下着を身に着けているとどうしても湿気がこもりやすくなってしまいます。
汗をかくというイメージから夏場だけ気を付ける方もいますが、冬場は厚着をして夏場よりもムレやすい状態と言えます。

湿気がこもってしまうと臭い菌が繁殖してしまうため、できるだけ普段から通気性の良い下着を選ぶようにしましょう。

ナプキンなどはこまめに取り換える

下着同様、ナプキンやオリモノシートなども長時間身に着けていると湿気がこもり、ムレてきます。
また、陰毛に経血がつくことでも臭い菌は繁殖してしまうため、ナプキンやオリモノシートなども常に清潔の状態を保つことが大切です。

陰毛を脱毛・処理する

デリケートゾーン
陰毛(アンダーヘア)に経血がつき雑菌が繁殖することを防ぐために陰毛を脱毛・処理・カットするといったことも、すそわきが対策の1つです。

すきばさみなどで陰毛の量を減らす、陰毛を剃るといった方法がありますが、
・毛量を減らしても完全に無くなるわけではないこと
・剃った場合かゆみなど肌荒れが起こる可能性があること
・剃った場合さらに剛毛になる可能性があること
からあまりお勧めはしません。

そのため、アンダーヘアの処理としては脱毛が一番良いと言えます。
脱毛サロンやクリニックを利用するのが理想ですが、最近は家庭用脱毛器で自宅で脱毛する方も増えているため、そういったアイテムを利用することもおすすめです。
width=”100%”

すそわきが用クリームなどでケアする

常在菌を近寄らせないために、強力な殺菌力を持つすそわきがにも使えるデオドラントクリームを使うこともおすすめです。
しっかり常在菌を殺菌しアポクリン汗を分解させないこと、そして臭いの大元のアポクリン汗腺を抑えることができます。

①クリアネオ
②ラポマイン
③ノアンデ

などがすそわきが対策用クリームとして人気となっています。

すそわきがは病院やクリニックなどで治療してもらうことも可能ですが、高額であったり、傷が残る可能性がったりと様々なデメリットもあるため、できるだけ自分で解消することが理想です。

>>当サイトでおすすめのデオドラントクリームはクリアネオ



クリアネオの詳細はこちら