わきが対策クリニック
*

ストレスはワキガや脇汗の原因になる?

悩む女性

ワキガの人やワキガ体質の人は、ちょっとしたことでもワキガ臭が強くなったりすると言われています。

特にストレスによって体臭が強くなるということは十分考えられます。ワキガでなかった人もワキガ臭を意識するようになってしまいます。
ストレスとワキガについて考えることによって対処法なども探せるのではないでしょうか。

緊張やストレスはワキ汗をかいてしまう原因に

通常、汗の量をコントロールしているのは自律神経でもある交感神経です。
しかし、そこにストレスや緊張といったメンタルの乱れがあると自律神経、特に交感神経に大きく影響してしまい、結果ホルモン分泌のバランスを崩してしまいます。

ホルモンバランスとワキガはとても関係が深く、連動してしまうことが多いと言われています。
そこで、ホルモンバランスが乱れるとワキ汗も増え、もともとワキガ体質の人はアポクリン腺が刺激されてワキガ臭が出てきます。

ワキガ体質の人は少量でもアポクリン腺が存在します。
でも少量のためワキガ臭が感じられず、ワキガとは判断されない状態の人もたくさんいます。

しかしストレスによってその部分からの匂いが強くなると、ワキガ臭が気になり、ワキガになってしまったと感じることもあります。

この場合、ホルモンバランスが正常になれば、アポクリン腺の刺激も落ち着き、元にもどります。
ワキガの人はストレスでより強いワキガ臭が出ることもあります。

もちろんこの場合も、ストレスが解消されればもとに戻ると言われています。

ストレスを解消する

交感神経が優位になっていることでワキ汗を多くかいてしまうという原因であれば、対策としてはその逆で副交感神経を優位にすることでストレスや緊張によるワキ汗を解消できる可能性があります。
そのため、心を落ち着かせリラックスできる環境が大事になってきます。

しかし、ストレスは思ったよりあっさり無くなる時と、想像以上に長い間にわたって無意識のうちに続くこともあります。

ストレスは心の問題のため、他人はもちろん自分でもなかなかコントロールできないこともあります。
そのため、とにかく好きな時間をつくる努力をしましょう。

何か好きなことを行う時間をつくると、知らないうちにストレスが解消されワキガ臭の改善にもなります。

例えば家のお風呂にアロマを垂らし、アロマ風呂としてゆっくりする時間をつくるのもいいかも知れません。
好きな友達と温泉旅行なんていうのもおすすめです。
ドライブが好きなら数日仕事を休んでドライブ旅行に出るのもいいかもしれません。

ストレスの原因は自分だけの力で取り除けることばかりではないので、自分でストレスを解消する方法を身に付けることで、ストレスによるワキガ臭の予防もできるのではないでしょうか。

深呼吸をすることによってストレスによるワキ汗を軽減できる

ストレスによって汗をかいてしまう

お昼の番組「ヒルナンデス」でもストレスによってワキ汗が出やすくなるという特集が専門家の元に放送されていました。
そこで紹介されていたワキ汗対策は深呼吸をするというもの。

ワキ汗を抑える効果が期待できるものは?

深呼吸をしてワキ汗を抑える

緊張やストレスによる心身の乱れを、深呼吸をして落ち着かせる(リラックスする)ことでワキ汗を軽減させることができると言われています。

ワキガ臭がストレスに

ストレスによって強くなってしまったワキガ臭によって、よりストレスを強めてしまうことがあります。

しかし「ワキガ臭を気にするな」と言われても、心のはそう簡単にコントロールできません。
そこで、その悪循環をどこかで断ちきることが必要になります。そのためにはやっぱりニオイが消えることが一番ではないでしょうか。

一塗りで10日間、発汗が抑えられ、ニオイも抑えることのできるヨーロッパで大人気の「デトランスa」などを使って、まずニオイを消すことがおすすめです。

他にも柿渋エキスによるデオドラントジェルの「ラポマイン」やスプレータイプの「クリアネオ」などもいかがでしょう。
まずニオイをストップすることからスタートしてみましょう。



クリアネオの詳細はこちら