わきが対策クリニック
*

毛を剃ったり抜いたりするとワキガになる?

脇を剃る女性

毛を剃るとワキガになるということを聞いたことがあるかも知れません。
まずワキガの原因を考え、そこから毛を剃る行為や抜くことが、どのようにワキガに関係するのか、その真相を探ってみたいと思います。

まずはワキガの原因から

ワキガの原因は、ワキガ臭のする汗を出すアポクリン腺にあります。
一般の汗はエクリン腺という汗腺から出るので、いわゆる汗臭さしか発生しません。

しかしワキガの場合はアポクリン腺という汗腺から出るため、汗の中にはタンパク質やアンモニアなどの成分がたくさん入っています。
>>アポクリン線とは

どちらも細菌によって分解されたときに悪臭を放ちます。
しかし特に塩分しかないエクリン腺からの一般の汗はボロ雑巾のニオイがするぐらいです。しかしアポクリン腺からの汗はその成分のために、いわゆるワキガ臭が発生してしまうのです。

ワキガになる可能性とは

もともとアポクリン腺を持っていない人はワキガ体質でなく、何があってもワキガ臭は出ません。

しかしアポクリン腺を持っているワキガ体質の人は、普段はワキガ臭で困るということがなくても、ワキガ臭が何かの要因で強くなることはあります。

要因によって違いますが、ほとんどはその要因がなくなればまた元に戻るわけです。つまりワキガ体質の人は何かによって、一時的にワキガ臭が感じられることもあるということになります。

腋毛を剃ること

腋毛を剃ることで、そった部分の皮膚を刺激します。また小さな傷を付けることもあり、そこから細菌が侵入すれば炎症を起こすこともあります。

細菌の侵入や剃るという行為が、アポクリン腺を刺激してしまうことがあります。
それによって一時的にワキガ臭が強く出てしまうのです。

もちろん刺激が治れば自然とニオイも治ってきます。

ただし、腋毛を剃ることで自宅脱毛をしている場合は、数日に一回は剃ることになり、それによって、治る前にまた刺激をするということで、常時ワキガ臭が強く感じるようになることもあります。

そんなときには一回塗るだけで汗をほとんど止めてくれる防臭デオドラント「デトランスa」や、強い消臭効果の高い「ラポマイン」などの使用もおすすめです。

毛を剃ると黒ずみの原因になることも

ワキガの話から少し脱線しましすが、シェーバーなどで腋毛を剃ることを続けていると色素沈着が進行し、脇が黒ずんで見えることもあります。

そういったことからも腋毛を剃ることはあまりおすすめできません。

関連記事:脇が黒ずみになってしまう原因と対策

毛を抜くこと

自宅脱毛の1つに毛を抜く方法もあります。
また脱毛ワックスなども、結局固めて一気に毛を抜くという方法で、毛抜きと同じ方法と言えます。

毛根から抜こうとするので、強い刺激を汗腺に与えてしまいます。
それによって一般汗のエクリン腺も、ワキガ汗腺のアポクリン腺も強い刺激を受けて、汗が多くなったり、ワキガ臭が強くなることも。

また毛根から抜くので、毛穴は開き中は空になるため、皮脂などが溜まってしまい、そこにニオイ成分も溜まってしまうと、細菌の増殖とともに悪臭を発生します。
そのため、毛穴の詰まりがあれば押し出すなどして注意が必要です。

しかしすべての毛穴をケアすることもできないので、そんなときには天然成分による消臭スプレー「クリアネ」「ノアンデ」などのわきが対策用のデオドラントクリーム類を上手に利用して、ニオイを防ぐようにするといいのではないでしょうか。

>>当サイトでおすすめのワキガ対策クリームランキング



クリアネオの詳細はこちら