わきが対策クリニック
*

香水をつけるとワキガは余計にきつくなる?

香水

ワキガのニオイが気になるということで、香水をたくさん付ける人がいます。この方法は正しいのでしょうか。

香水を付けると体臭やワキガ臭は余計臭くなるとも言われていますが、その辺のことをもう少し考えてみましょう。

香水は体臭を隠すために生まれた?

確かにヨーロッパなどは日本よりずっとワキガ体質やワキガの人が多いため、昔から体臭が強いとされています。
その上、日本のようにお風呂という習慣の少ない彼らは、昔から香水を使っていました。

欧米では特に体臭は嫌なニオイではなく、その人の個性の1つとして考える傾向があり、異性を引きつける香りでもあると考えられています。
体臭を香水で隠すというより、体臭を個性的にするというイメージの方が強いのではないでしょうか。

だからこそ香水がとても発達し、香水と言えばヨーロッパが一番とまで言われることになったのです。
世界中でいろいろな香水は使われています。日本ではせいぜいお香を焚いて、ほのかな香りを体に付けるといったもので、それは日本人にワキガが少なかったことと、お風呂という習慣があったからなのです。

そのため香水は世界でも随分遅れて使われるようになりました。

日本でも香水は化粧品の一種として広まってはいるが、欧米ほど使用が一般的になってはいない。これは、食生活や入浴頻度などの文化的経緯から臭いや味覚に敏感で、無臭が好まれているためである。またそもそも欧米人と比較して、日本人の多くを占めるモンゴロイド(特に弥生人にあたる新モンゴロイド)には腋臭が少ない人が多いためとも考えられる。その結果、香水そのものの認知やにおいに対するマナーの違いなどにも影響を与え、香水の普及に歯止めをかけていると言える。日本の化粧品会社の製品もあるが、人気商品の多くは代理店などによって海外から輸入されたものである。

香水とワキガ臭

香水はヨーロッパ的に考えるとワキガ臭をごまかすことと、体臭の個性を作り出す演出になります。

つまり自分のワキガ臭といろいろな香水をプラスして、ワキガ臭をごまかしつつ自分だけの個性あるニオイにするわけです。

でも日本人の求めていることは香水でワキガ臭を消したい、ごまかしたいということのみではないでしょうか。
そうなると香水の使い方も注意しなければなりません。

ワキガ臭はスパイシーな脂臭だと言われますが、このニオイと一体になってワキガ臭をごまかしたり、ニオイが合わさって悪臭ではなくなることもあります。

そこで、特にワキガ臭の人にはシトラス系の香水がおすすめだと言われています。逆にあまいムスク系は皮脂のニオイとは相性が悪くなるので要注意です。

香水よりデオドラント

ただし日本人のようにニオイを消したいという意識が強い場合、どんどんニオイをプラスすることより、ニオイをマイナスしていく方法の方がいいのではないでしょうか。
ニオイはプラスすればやっぱり強くなり、マイナスしてやれば弱くなります。

良い香りでも、ニオイの強さを嫌う日本では、例えばワキガのニオイをごまかすことができたとしても、ワキガ以上に強いになります。
そのように強いニオイは日本ではどうしても難しいところがあるようです。

日本人は無臭かとても柔らかいフワーッとした香りを好む人種です。
そのため、ワキガ臭を香水でプラスして隠すことはあまり得策ではないはずです。

香水を付けるよりデオドラント剤で消臭、防臭を心掛けた方が、日本人向けの方法ではないでしょうか。

消臭、防臭なら体全体の体臭に使える「クリアネオ」や、ワキガ菌殺菌力も消臭力も高い「ノアンデ」など、質の高いデオドラントを使ってみる方が香水よりずっとニオイ軽減に効果があるはずです。



クリアネオの詳細はこちら