わきが対策クリニック
*

ワキガはいつから発症するのか?

女子学生

ワキガの発症については人それぞれのようですが、遺伝の場合は後天的な場合など、いろいろな方向から考えてみましょう。

遺伝の場合

ワキガの遺伝の場合はワキガ体質が遺伝するわけですが、ワキガ体質の遺伝に何かの後天的ものと重なってワキガになる場合もあります。
また親子同じように同じ時期に発症することもあります。

ワキガの原因でもあるアポクリン腺の量は、産まれたときから決まっているため、遺伝することでワキガ体質になります。
しかしワキガ体質はアポクリン腺がある程度以上のことを言うわけで、必ずワキガが発症するとは限りません。

しかしワキガになっている親の遺伝によって、子どものワキガ発症の可能性が高くなります。

片親がワキガの場合は、子どもに50%の確率でワキガが発症すると言われています。
また両親がワキガの場合は80%の確率でワキガになる可能性があるのです。

そして多くの場合、思春期の頃に発症することが多いと言われています。

>>生まれつき?ワキガは遺伝するのか?

後天的なワキガ発症の場合

後天的なワキガの場合でも、ワキガ体質は遺伝によるものがほとんどですが、親もワキガではなくワキガ体質だというだけかも知れません。

そしてその体質を持っている人が何かの原因によって、ある日突然体臭が気になるようになることもあります。
それでもワキガを発症したのか、少しアポクリン腺の分泌が多くなったのか人それぞれです。

しかしワキガはやはりホルモンのバランスの崩れやすい、思春期に発症することが多くなります。
特にアポクリン腺の成長が活発になるのは第二次性徴の時期になので、この大体9歳から13歳から発症することが多くなると言われています。

そして、その上の年齢になると男性はヒゲが生える頃、女性は生理が始る頃からいきなり発症することもあります。
逆に女性などは閉経とともに、ワキガの匂いがグッと少なくなることもあるのです。また、思春期を過ぎても、ストレスによってワキガが発症するということもあります。

ただし、アポクリン腺が成長するのは、19歳、20歳までと考えて良いようです。

体質が遺伝しているなら

遺伝はどうにもならないことですが、ある意味一番近い関係の人がワキガの経験者であり、いろいろなアドバイスをしてもらえる心強さもあります。

デオドラントの方法や手術などについても、親と相談することができるのではないでしょうか。
どちらにしても、しっかり前向きに対処することで、ワキガの悩みから解放されることもできます。

ただし徹底的に改善するための手術を行うのは、20歳以上になってアポクリン腺の成長が終ってからがおすすめです。

それまでは匂いを軽減するようなデオドラントアイテムなどを使って、上手に付き合うようにしましょう。

酷くなる前にわきがクリームで対策を

クリーム大事なポイントはわきがが重度になる前にケアをしておくこと。
そこで最近では汗を抑えて匂いの原因菌を殺菌し、強い脱臭作用のあるクリームも販売されています。

ラポマイン」「デトランスa」「ノアンデ」「クリアネオ」などが有名で人気の消臭クリームと言われています。
>>お勧めのワキガ対策クリーム一覧

思春期を過ぎて急にワキガになったときには、ストレスが強くのし掛かっているのではないかなど、ちょっと日常を振り返ってみましょう。

ストレスを解消することができるようになったらワキガが治ったという場合や、ダイエットをして油物を減らしたらワキガも治ったということもあります。
防臭対策とともに、生活面の見直しも大切かも知れません。

>>失敗しないわきがクリームの選び方とは



クリアネオの詳細はこちら