わきが対策クリニック
*

ワキガとホルモンの関係とは?

エストロゲン

ワキガとホルモンの関係はよく言われることですが、本当に関係が深いのでしょうか。

成長期にワキガ臭が強くなることが多いようですが、これもホルモンとの関係はどのようなものなのか。
その辺のことをもう少し掘り下げてみましょう。

ホルモンの変化によるわきがへの影響

ワキガとは現代人にとってはあまりありがたいものではありませんが、どうも人間にとって体臭はフェロモンとおおいに関係があるようです。

異性を引き寄せて子孫を残すという動物的な観点からも、フェロモンはとても重要だと最近は随分研究されています。

その体臭の代表的なものにワキガがありますが、ホルモンの変化によってワキガ臭が影響されることは分っています。

しかしどのような仕組みでホルモンがアポクリン汗腺内の分泌を促進し抑制しているのか、本当のところはまだ不明なのです。そして女性と男性ではその作用も違ってくるようです。

女性ホルモンとの関係

女性の場合は女性ホルモンの中には、エストロゲンプロゲステロンという2対立したホルモンがありますが、このバランスがとても重要になります。

特にいわゆる女性ホルモンらしいホルモンがエストロゲンです。

エストロゲンとは女性らしいふっくらと丸みを帯びた身体のラインや、乳房の張り、もちろんお肌全体の瑞々しさや生理、妊娠、出産などを司る、とにかく女性にとってはなくてはならない非常に大切なホルモンです。

そしてプロゲステロンはエストロゲンの分泌抑制をしてバランスの調整をするホルモンで、女性ホルモンの中の男性ホルモン様の成分とも言われています。
この調整がバランス良く行われることで妊娠やスムーズな生理が起こるのです。

女性の場合は思春期にホルモンのバランスがとても悪くなるので、エストロゲンが多くなってしまうとアポクリン汗腺が活発になり、ワキガ臭が一時的に強くなることがあります。

また生理前や生理中にワキガ臭が感じられるという女性も多く、この場合も排卵日から生理日まではプロゲステロンが優位になるためと考えられています。

妊娠中もプロゲステロンが強く、このような症状が出やすくなりますが、出産と同時に改善されることが多いようです。
でも、どうしても気になるときにはナチュラル成分、多汗防止、脱臭力の強い「デトランスα」などの腋の下消臭デオドラントや、体臭全般に使える「クリアネオ」などを使用してみてはいかがでしょう。

>>女性にも人気のデトランスαを使ってみたレビュー

男性ホルモンとの関係

男性の場合、思春期になると男性ホルモンが急激に多くなりますが、このときにアポクリン汗腺も活発になってニオイが強くなります。

特に男性のアポクリン汗腺の成分にはアンドロステロールアンドロステロンなど、男性ホルモン様の揮発性のステロイドが含まれていることからも、男性ホルモンがアポクリン汗腺を活発にする作用があると考えられています。

つまり男性性の強い人ほど、フォロモンもガンガン放出するということになりそうです。

動物だったら、やはりフェロモンが強いほどモテるわけで、オスがメスを寄せ付けようとする作用があります。
人間にもこの作用の名残があるとも考えられそうです。

ワキガの理由がすべてホルモンと関係あるのかは現実には不明ですが、とても関係が深いということは言えそうです。

ストレスなどもワキガ臭を強くしますが、これもホルモンバランスが乱れることに関係すると言われています。



クリアネオの詳細はこちら