わきが対策クリニック
*

生まれつき?ワキガは親から子供に遺伝するのか?

親子

腋臭の原因には様々なことが考えられており、生まれつきの臭い、食生活の問題、ストレスによるホルモンバランスの乱れといったことが言われています。
ここではその中でも気になっている声の多い遺伝の確率や原因などについて考えてみましょう。

子供にも遺伝する

ワキガ体質は親から子へと遺伝します。ワキガ体質とは、ある程度以上のアポクリン腺の量が存在していることを言います。
ワキガ体質だけではワキガではないのです。しかし、いろいろな後天的なことが重なって、ワキガになってしまう可能性のある体質です。ワキガのような臭いの汗をかかない人もたくさんいます。

親はワキガ体質であっても、ワキガでなければ分りません。そしてワキガ体質を受け継いだ子供も、ワキガでないことは十分考えられるのです。

何かの要因が重なってワキガを発症する可能性はあります。
しかし親がワキガを発症している場合は、多くの子供がワキガになる可能性が高くなるようです。

原因はアポクリン腺が、とても多いタイプの体質を遺伝しているということになります。
また、すそわきがも遺伝する可能性があると言われています。

遺伝の強度

例えば片親がワキガの場合は、子供のワキガは50%、両親がワキガの場合は80%の確率でワキガになると言われています。

ワキガの遺伝子は優性なので、どうしても受け継がれていきやすくなります。
しかし親がワキガの大先輩なので、クリニックで治療法や手術などについても相談できるので、積極的に対処できるのは心強いところではないでしょうか。

また今は脱臭・消臭にすぐれたデオドラントクリームなどもあるので、それらも相談しながら使用してあげることも大切です。
ちなみに「クリアネオ」などは足の匂いにも強力に脱臭してくれるので、若い人にはおすすめです。

詳しくはこちらのページにて
>>お勧めのワキガクリームと選び方のポイント

優性遺伝について

腋臭体質を決定する染色体は、両親から1個ずつの遺伝子を受け継ぎます。
1組の遺伝子を「B」と「b」の一対だとすると、「BB」「Bb」「bb」という3つの組み合わせができます。

この例で言うと「B」がワキガ体質で、「b」がワキガ体質ではない体質としましょう。
父親か母親のどちらか片親がワキガ体質なら「Bb」、両親がワキガ体質なら「BB」となります。

このうち子供の体質が「Bb」になったときには「B」と「b」の中間的体質となるはずですが、実際に「B」が優性であれば、「Bb」の組み合わせのときには「B」のワキガが出てしまいます。

もし「B」が劣性なら「b」のワキガでない体質になるわけです。
しかし遺伝しに中間という概念は無いため、「Bb」の組み合わせの時子供は50%の確率でワキガ体質になります。

つまり「bb」だったらワキガ体質は遺伝しないということになり、「BB」の場合90~100%、「Bb」の組み合わせは50%でワキガ体質になるため、ワキガ体質の遺伝の確率はとても高いということになります。

ワキガの遺伝の確率

そのため、どちらの父親か母親のどちらかがワキガの場合は子供もワキガになる確率が極めて高いと言えます。

ワキガ遺伝が分るタイミングは思春期

特に思春期にワキガになることが多いので、その時期にワキガ遺伝が分ることが多いと言われています。
ただし自分では気づきにくいです。

親がワキガという場合は、アポクリン腺量が多いタイプのワキガ体質の場合が多く、遺伝すると大人の体へと成長する第二次性徴期の10歳から18歳ぐらいまでに起こることが多くなります。
逆に20歳程度まで出ないときは、その後食べ物やストレスなどに注意すれば一生出ないこともあります。

【関連ページ】:ワキガの自己診断・チェック方法とは

またワキガでも軽度のワキガなら、対処によっても臭いが感じなくなるまで改善されることも十分考えられます。
早いうちに医師に相談すると匂い予防の薬や、ボトックス治療などもあるので、早い対処はとても重要になります。

しかし病院やクリニックでの手術は費用もかかり、傷跡も残ってしまう&再発の可能性があるため、まずはデオドラントアイテムやミョウバンなどで自宅でスキンケアすることがおすすめします。

市販の制汗スプレーでは根本的な改善にはならない?

お近くの薬局やドラッグストアなどでは多くの体臭ケアアイテムが販売されているかと思います。
特に8×4やBanなど制汗スプレーは有名であり人気商品でもあります。一度は誰もが目にしたことのあるデオドラントアイテムではないでしょうか?

しかし、それらの制汗スプレーはエクリン汗腺の制汗は可能でも、わきがの臭いが発生するアポクリン腺の制汗作用が無いため、ワキガ臭の予防や改善をすることができません。

一般の方(ワキガではない人)は全くではありませんが、アポクリン腺の量も大きさも少ないため、通常ドラッグストアなどに置いてある制汗スプレーにはアポクリン腺の制汗作用が無いのが普通なのです。
特に重度のワキガ体質は日本人の中の約10%とされています。

そのため、アポクリン腺の制汗作用を持つデオドラントアイテムというのはそれらとは別に販売されているのです。

わきが対策クリームでケアを

現在はわきが対策用のクリームが販売されていて、人気となっています。
上記で解説したアポクリン腺の制汗作用を持ち、通常の制汗スプレーにはない殺菌成分を含めたわきがクリームが販売されているため、そういったアイテムを利用して手術などに頼らずケアをしていくことをおすすめします。

>>わきが対策クリームの人気ランキングを見る



クリアネオの詳細はこちら