わきが対策クリニック
*

ワキガ菌とは?

菌

ワキガ菌という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

ニキビはアクネ菌という、いわゆるニキビ菌と呼ばれる細菌が大きく関係しています。
ではワキガに影響しているワキガ菌とは、一体どういう菌なのでしょう。

その辺をもう少し探ることで、ワキガには殺菌が重要であることも納得できるのではないでしょうか。

ワキガのニオイと細菌の関係

ワキガのニオイはご存じのとおり、アポクリン腺という汗腺から出た汗のみがワキガ臭を発生させます。

ワキガ臭は汗のにおいではなく、常在菌が増殖するために、汗の中の成分を栄養素として汗を分解するときに悪臭が発生します。
アポクリン腺から出る汗にはタンパク質やアンモニアなどいろいろな成分が含まれているため、独特のニオイを発生させてしまうのです。

>>アポクリン腺とは?

ワキガ菌とは?

つまりワキガ菌とは、ニキビ菌と同じく常在菌ということになります。

しかし常在菌は誰でも体にいつも住み着いている菌であり、決して悪玉菌とは言えないのです。
いつも体を清潔にしていると、常在菌は一定以上増殖しません。逆に肌を守ってくれるという働きがあり増殖しない限り、欠かせない善玉菌でもあるのです。

ワキガ独特のアポクリン腺からの汗を好む常在菌は、ワキガ汗を分解しながら、それを栄養として増殖を始めてしまいます。
つまりワキガを好む常在菌こそが、ワキガ菌と言われる細菌なのです。

ワキガ汗を好む常在菌とは

コリネバクテリウム表皮ブドウ菌が、特にアポクリン腺から出た汗を好んでいる常在菌だと言われています。
コリネバクテリウムなどはワキガの人に多く常在しており、アポクリン腺を持っているワキガ体質の人のところにも常在していると言われています。

これらの細菌は他の細菌と同じように、乾燥にとても弱く湿度を好むという性質があります。

ワキガ菌の増殖の条件と殺菌

ワキガ菌の増殖のためには、栄養と水が必要になります。
水分も栄養もアポクリン腺から出る汗で、すべて条件は叶ってしまうのです。

できることはとにかく脇の下を清潔にして、汗をかきにくい環境を作ることが大切なのです。

そこでアポクリン腺からの汗を減らすことと、常在しているワキガ菌を殺菌することが重要になります。

しかし発汗を抑えるために、体温を上げないようにしたり、運動をしないというわけにもいきません。
そんなときこそ、汗を徹底的に抑えるデオドラントクリーム「デトランスa」や、制汗・消臭効果の高いスプレータイプの「クリアネオ」などがおすすめです。

また、ワキガ菌を殺菌するためには、「ジャムウ・トリプル・クリアソープ」や「ローズボディ・リフレッシュ」など、殺菌、消臭効果の高い石鹸やボディローションをシャワーやお風呂で使うと、しっかり殺菌ケアができるはずです。

そしてワキガ菌強力殺菌除去と強力消臭のできる、「ノアンデ」などを使用して、脇の下をより良い環境にしてやることが、ワキガ菌増殖を抑える方法になるのです。

また環境づくりとして、合成繊維の服や下着を直に着ると、湿度が高くなりニオイの発生に悪影響があるので、できるだけ避けるようにしましょう。

>>人気デオドラントクリームと選び方



クリアネオの詳細はこちら