わきが対策クリニック
*

気付かない友達にワキガであることを伝える方法

友達

ワキガの匂いは、意外と自分ではわからないものです。
体臭や口臭など、自分の匂いは鼻のセンサーが異常な匂いでないと判断してしまい、まったく特別な匂いとして感じなくなります。

そのために自分では人が感じるほどワキガの匂いが強いとは感じない場合がとても多いようです。

ワキガを知らせる大切さ

人の悪口などから知ったり、辛い現実から知る場合もあります。

家族が気づかないときには、友達がワキガであることを伝えてあげましょう。
体臭のことなどはとてもデリケートなことなので、他人からは言いにくく、つい言いそびれてしまうことも多いのではないでしょうか。

しかし、ずっと知らずに対策ができないことの方がずっと不幸なことなので、ここは友情を持ってしっかり伝えることが大切ではないでしょうか。

残り香があったら伝えよう

では、どの程度で伝えたらいいのでしょう。
匂いというものは個人差があり、人によっては異常ではない程度であっても、人によっては絶えられないほど強い匂いと感じる場合もあります。

あまり自分の感覚のままに、大げさに伝えてしまうこともおすすめできません。

そこで、残り香を感じるようだったら、伝える程度であると判断していいのではないでしょうか。
残り香というと、すれ違ったときに確実にワキガの匂いがツーンとする場合の程度を言います。

この程度であれば、本人が気付いていない場合は伝えるべきです。

友達に伝えるなら

友達にワキガの可能性があるということを伝えるときには、どんなに傷つかないようないい方をしても、友達にとっては驚きとショックが同時に襲ってくるわけです。

そのためワキガの治療法や手術法、そして今は完治することができるということも、伝える前に調べておき一緒に伝えるようにしましょう。

そして一番忘れないで伝えたいことは、友達としてできるだけ応援するということを伝えましょう。

そんな言葉が友達にとってはとても嬉しく救われるはずです。そして治療によって改善するからこそ伝えたのだということを、きちんと伝えましょう。

そして最近は効果の高いワキガ臭に対する脱臭クリームなども、手に入ることも教えてあげましょう。

汗を抑えて確実に匂いを抑えることのできる、ワンプッシュで塗れる「ノアンデ」や、ジェルタイプのデオドラントで人気の「ラポマイン」などもおすすめです。
このような情報もしっかり伝えてあげましょう。

>>当サイトでおすすめのワキガ対策アイテムはこちら

ワキガの人は、自分がそこまでひどいワキガだと感じてないことがほとんどなので、それを伝えたことで人間関係が何となく悪くなってしまったというパターンもあります。

しかし、もしそうなってしまったとしても、教えてあげたいという気持ちがあれば、相手にもきちんとその気持ちが伝わるはずです。
逆にもっと関係が親密になったというパターンもたくさんあるので、まず相手のことを大切に考えて勇気を出しましょう。

友達に伝えられたら

もし、逆に友達に自分がワキガではないかと伝えられた方だったとしたら、友達の気持ちを嬉しく受け取るようにしましょう。

言いにくいことを言ってくれたその思いに感謝をして、その分前向きに対処するようにしていきたいものです。
きっと友達の一言が、とても重要だったことが分るのではないでしょうか。そんな友達を持てたことこそ誇りに思えることなのです。

>>他にもよくあるワキガの悩みはこちら



クリアネオの詳細はこちら