わきが対策クリニック
*

アポクリン腺とは?

アポクリン腺

わたしたちの体には一般の汗をかくエクリン汗腺とワキガ臭が出ると言われているアポクリン腺の2種類があります。
そしてアポクリン腺は誰にもまったくないということはありません。

さてそんなアポクリン腺によるワキガ臭対策として、もう少しワキガとアポクリン腺の関係を考えてみましょう。

アポクリン腺の存在部分

アポクリン腺の量も大きさも、すべて個人差があります。
また集中的に集まっている部分は個人差がありますが一般的に集中している部分は

  • 腋の下
  • へその周り
  • 耳の外耳道
  • 乳輪
  • 肛門の周辺
  • 性器

と言われています。

この部分は第二次成長期に大きな成長をし、老年になるにしたがって小さくなっていきます。
そのためこれも個人差があるものの、加齢によってワキガ臭も減っていく傾向があります。

アポクリン腺とワキガの関係

アポクリン腺は誰にでもあるのに、ワキガの人はとても強い独特のニオイがするのはなぜなのか。
そこにはアポクリン腺の量と大きさに関係してきます。
ワキガ体質の人が完全にワキガと判断されないのも、ここに理由があるのです。

ワキガ体質の人は一般的にアポクリン腺が大きく、量が多いことを言います。
しかし大きさや量によって、フワッとワキガ的なニオイを発する程度の場合もあります。

つまりワキガの人と特にワキガでない人、そしてグレーゾーンの人などは、みんなこのアポクリン腺の量と大きさに関係していたのです。

グレーゾーンのワキガ体質

ワキガ体質であっても、ワキガの強いニオイが発生しない場合は、腋の下の吸引法などでアポクリン腺を取るという施術もありますが、まずはデオドラントなどで対処してみることをおすすめです。

もともとアポクリン腺から出た汗にはタンパク質や鉄分、アンモニアなどいろいろな成分が含まれています。

ワキガ菌が繁殖するときに、汗が分解されワキガのニオイが発生します。
つまり清潔にこだわり汗を抑え、ニオイを消すことができるデオドラントなら、ワキガグレーゾーンのニオイを封じ込めることができるのです。

例えば1回塗ることで10日間のデオドラント効果があるという「デトランス」などは、汗を抑えて消臭力がとても強いロールオンタイプのデオドラントです。

また天然成分の柿渋やヨクイニン、抹茶エキスやシャクヤクなど配合した除菌、防臭、多汗抑制効果の高い「ノアンデ」などもおすすめします。
このように今はとても質の良いデオドラントも手に入るので、まず体臭が気になったら手術よりも消臭剤の使用をまず試してみましょう。

>>人気デオドラントクリームランキングはこちら

アポクリン腺が多い人

アポクリン腺が多かったり、大きかったりする場合はいわゆるワキガ臭が強い体臭となります。
その場合はきちんと手術をする方がいいでしょう。
1回の手術で確実にアポクリン腺を除去するなら直視下手術法がありますが、どうしても傷が残ります。

また再発の可能性はありますが、傷が残らない非直視下手術法もあります。アポクリン腺が活発な人はやはり手術がおすすめですが、その後も清潔とデオドラントは重要になります。

>>失敗しないワキガ対策クリームの選び方



クリアネオの詳細はこちら