わきが対策クリニック
*

部屋の加齢臭対策!効果的な消臭の仕方とは

部屋

加齢臭はその人がいなくても加齢臭のこもってしまうことがあります。加齢臭本人がいなくても、部屋中がその臭いになってしまうこともあります。

特に押し入れには加齢臭による布団からの臭いが染みついてしまい、押し入れを少し開けているだけでもすぐに分るほど強い臭いがする場合もあります。
さて部屋の加齢臭対策はどのようにしたらいいのでしょう。

下着などを消臭効果のあるものにする

加齢臭が発生している人は毎日下着を替えること。
そしてその下着は加齢臭対策の洗濯方法で、できるだけ加齢臭を取りのぞくようにしましょう。

しかしそれだけでなく、最近は介護用などでもとても効果があるとされている銀イオン使用の下着がありますが、加齢臭の消臭下着としても人気があります。
そのような下着を使うことも部屋の臭いを抑制することができます。

特に汗の多くなる夏にはより効果を感じることができるでしょう。

消臭スプレーや空気入れ替え

部屋の空気の入れ換えはもちろん当然のこととなります。
できるだけ1カ所の窓を開けるのではなく、風が通るように東西、南北と窓を開けて風を一気に通すようにしましょう。

それでもどうしても臭いが抜けないこともあります。
そんなときには消臭スプレーも利用した方がいいわけですが、一般用の消臭素プレーより業務用の消臭スプレーを使ってもいいのではないでしょうか。

空気洗浄機であれば空気洗浄機メーンのものは消臭効果が低いので、消臭専門の空気洗浄機などを利用するといいでしょう。
※臭いに高い効果のある空気洗浄機は、花粉などの空気洗浄にはあまり期待はできないかもしれません。

何と言っても加齢臭自体を減らすこと

しかし何と言っても臭いの元である、加齢臭の対策がやっぱり基本となります。
加齢臭は普通にしていても改善しません。

いろいろな加齢臭ケアグッズなどもあるのでできるだけ上手に利用するといいでしょう。

例えば洗濯をするなら加齢臭専用のものを使ったり、漂白剤や重曹に30分浸けておいてから洗濯をするなど加齢臭対策をするだけでもまったく違ってきます。

毎日洗えないものなどは、消臭スプレーを使ってできるだけ消臭・殺菌するようにしましょう。

またお風呂では加齢臭対策ができる石鹸やシャンプーを使うことをおすすめします。
このように加齢臭対策の応援グッズはいろいろありますが、食事なども脂分を減らし野菜をたっぷり食べるようにしましょう。

そして毎日無理のない程度の有酸素運動も欠かさず行いたいものです。

他にもデトックスのためには、太り過ぎないことや便秘をしないことも大切です。
太ると体脂肪が増え、それが加齢臭の原因成分を生成することになります。便秘も腸からの逆流によって体臭が強くなるので注意しなければなりません。

また睡眠もとても大切です。
特に汗などは自律神経と関係あり睡眠をしっかり取らないと、汗が多くなったり皮脂が増えたりするので注意しましょう。
睡眠不足は代謝を落とすので、肝臓の働きも悪くなります。

それによってやはりデトックスができずに体臭や口臭を強くしてしまうこともあるのです。
これらの対策をしっかりすることが、部屋の臭いをなくしていくことにつながります。

>>加齢臭にも効果的なお勧めデオドラントスプレーはこちら



クリアネオの詳細はこちら