わきが対策クリニック
*

加齢臭が発症する年齢と男女の違いは?

男女

加齢臭は今男性だけでなく、女性も同じように発生すると言われています。

さて男性と女性の加齢臭になる年齢など違いはあるのでしょうか。
またいつから加齢臭は発生するのでしょう。

加齢臭は何歳から?

加齢臭が発生する年齢は個人差があるので、はっきり言い切ることはできません。

まず男性の場合は皮脂の量によっても違ってきます。
他にも生活習慣、体質、肥満度、食べ物習慣などによってもまったく違ってくるのです。

しかし平均的には40歳代後半あたりから、だんだん感じるようになってくると言われています。
もちろん昨日まで臭わずに今日から臭うというものではないので、なんとなくグラデーションで数年の間にだんだん臭いが強くなってくると言えそうです。

女性の場合はもちろん男性と同じく肥満度、食事、体質、生活習慣なども関係してきますが、一番に関係するのが女性ホルモンの減少です。
もちろん40歳頃から急激に女性ホルモンは減ってきますが、やはり更年期以降は激減します。

つまり女性はその頃から急速に加齢臭が強くなるとも言われています。
とはいっても、もともと男性の方が皮脂が多いので、そういう意味では女性の方が加齢臭は軽いとも言えそうです。

男女の加齢臭の違い

男性だけでなく女性も加齢臭があるということはお分かりになったと思います。
しかしここで男女の違いが出てきます。

加齢臭は男性の場合40歳代後半から60歳代をピークにどんどん減っていきます。
つまり男性ホルモンの減少とともに、オイリーな臭いもノネナール成分の臭いも減少していくのです。

ある意味加齢臭がなくなると、完全に男性は老人の仲間入りということになるのかも知れません。

しかし女性は閉経の50~55歳ぐらいの時期から加齢臭が増えていき、加齢とともに減ることなく出続けるということで、加齢臭を出している時期は女性の方が長くなる可能性があるのです。
この辺はちょっと意外な男女の違いではないでしょうか。

ノネナール成分の臭いは男性も女性も発生しますが、男性だけしか出ない成分というものがあります。
それがアンドロステノンという成分で、男性ホルモンと関係がある成分です。

男性は自分ではまったく気付かない臭いであって、女性だけが嫌な臭いと感じる成分だとのこと。
これこそ本来の男の臭いなのかも知れません。

男性と女性の加齢臭に対する注意ポイントの違い

男性と女性はどちらも加齢臭は発生するものの、成分などの違いがあるので加齢臭の対策ポイントも違ってきます。
男性は皮脂対策、女性は汗対策が重要だと言えそうです。

男性は皮脂がもともと多いので、皮脂の臭いも混ざることも想定して皮脂対策が重要になります。
そして女性の場合は皮脂が少ないため、皮脂対策より汗をかいたままにしないことなど清潔に気を付けばOKです。

デオドラントは男女共上手に利用しよう

そこで男女ともデオドラントも上手に利用しましょう。デオドラントには男女の違いはありません。
男女共、ボディーソープもデオドラント系を使うといいのではないでしょうか。

例えば女性は女性らしいバラの香りがするタイプなどがおすすめです。
男性はすっきりしたさわやかな香りのものも気持がいいはずです。
やっぱりデオドラントも楽しみながら使うようにしたいものです。



クリアネオの詳細はこちら