わきが対策クリニック
*

耳の後ろが臭うのは加齢臭なの?

耳

加齢臭は耳の後ろが臭うというのが定説になっています。

しかし本当にそうなのでしょうか。加齢臭が臭いやすい部位についてもう少し考えてみましょう。

加齢臭の出る部位

実は加齢臭が出る部位は特に決まりはありません。
つまり、全身どこからでも加齢臭は出る可能性があるというなのです。

ただし、よく言われているように耳の後ろなどは、特に出やすい一部位ではあるようです。
特に加齢臭は耳の後ろ一帯と首の後ろにとても強く出やすいとのこと。

そこはちょうど枕が当たるところなので、自分の加齢臭を枕カバーの臭さでびっくりしたなんていう経験がある人もいるのではではないでしょうか。

特に加齢臭が出る部位は上半身に多く集中しているようです。
胸中央や、背中の中央の一帯、脇の下、頭でも頭頂部一帯と、後ろの生え際付近なども強く出やすいところと言われています。

特にこの辺をしっかり洗うということで加齢臭ケアすることができると言えそうです。

加齢臭だけでない体臭にも注意しよう

加齢臭ばかりに気をつかって、普通の体臭ケアがおろそかになっては大変です。

足の裏や陰部などの臭いも年齢で変わってくると言われています。

特に女性は更年期を迎えるころになると、女性ホルモンが激減するので加齢臭も発生しますが、今までになかったような足の裏の臭いなども、男性のように強くなってしまう女性もいます。
そんな臭いの変化に気付いたら特に清潔を意識し、デオドラントも使用するようにしましょう。

またその年齢の女性は、今まであまり気にならなかったような脇の下の臭いが強くなることもあります。
女性の方が更年期辺りから思わぬ臭いに、自分でも驚くようになることもあります。

今までのように「自分は体臭が少ない」ではなく、「体臭はあるもの」と思っていた方がきちんと体臭ケアができます。

体臭があると思うからこそ、デオドラントも使ってみようと考えるようになるのです。

また今までより丹念に体を洗うかも知れません。
またシャンプーやボディーソープもデオドラント系のものを使ってみようと思うかも知れません。

そんな意識こそ体臭ケアには大切なのではないでしょうか。女性は今まで無臭に近い人でも、急に変わることがあるということを念頭に置いておきたいものです。

そして男性は40代後半から60後半までがピークと言われていますが、加齢臭と上手に付き合ようにすると、老人臭対策にもなるのでキレイなおじいちゃんでいられます。
これからはみんな寿命が延びているので、加齢臭を含む体臭ケアはとても大切になります。

デオドラントのご紹介

そんな中高年の男女とも、加齢臭防止のためにもデオドラントはとても重要になります。

足の先から体中の体臭に対応できるタイプや、天然成分にこだわったタイプなど、しっかりしたデオドラントも出回っています。
デオドラントというと若い人というイメージを持っている人もいるかも知れませんが、実は中高年の人こそ大切なのではないでしょうか。



クリアネオの詳細はこちら