わきが対策クリニック
*

加齢臭とわきがの違い~加齢臭の原因とは~

加齢臭とわきがの違い

加齢臭とわきがは基本的にまったく違う臭いですが、共通しているのは良い匂いではないということです。
さて加齢臭とわきが臭の違いから、加齢臭について考えてみましょう。

わきが臭と加齢臭の違い

わきが臭はアポクリン汗腺に深い関係がありますが、加齢臭は一般の汗腺であるエクリン汗腺のそばにある皮脂腺と深い関係があります。

皮脂腺から出る独特の成分、ノネナールの匂いのことを加齢臭と言います。
わきがの人も、わきがでない人も、加齢と共に加齢臭は出てくると考えられます。
男性だけでなく女性も特に閉経過ぎた人からは多く出ると言われています。

エストロゲン分泌が激減する閉経後の女性にも加齢臭が出ることから、女性ホルモンであるエストロゲンがこの成分を抑えているのではないかとも言われています。
この辺もわきが臭とは違うところではないでしょうか。

わきが臭について

ここでまずわきが臭について、もう一度簡単にまとめてみましょう。
わきがの人はアポクリン腺という汗腺を持っています。

ここからいろいろな老廃物が含まれた汗が出てきます。
そこに雑菌が集まり繁殖をするときに強いわきが臭を出します。

アポクリン腺から出る汗の匂いというより、正しくは汗に群がる雑菌が繁殖のときに出る匂いがわきが臭なのです。

わきがの匂いは雑菌がいなければ一切臭わないわけです。
そのためデオドラントでも消臭より殺菌に力を入れているものもあります。

アポクリン腺は生まれたときから持っている量が決まっているので、思春期あたりから活発になって決まっている量まで増えていきます。
その量が少なければ単なるわきが体質であり、多くなるとわきが臭が気になる症状になっていきます。

そのためわきが臭を抑制するには汗をかかないこと、殺菌をすること、アポクリン腺を取りのぞくこと、匂いを消すことの4つしかないのです。
アポクリン腺の手術も100%取れるという保証はなく、汗をかかないことも、殺菌も消臭も100%ということはありません。
少なくともしっかりわきが対応のデオドラントを付けるだけでも相当効果があると言われています。

加齢臭について

では加齢臭についてまとめてみましょう。
加齢臭の原因である皮脂腺から出るノネナールという成分が加齢臭の臭いの元ですが、この成分は10年ほど前に化粧品会社の研究途中で発見された成分なのです。

それが加齢臭の元だとわかっていたとしても、加齢臭を防ぐことはできません。
結局いつも清潔にすることや、加齢臭に対応できるようなデオドラントを上手に利用することが大切だということに尽きるのです。

また不規則な生活習慣、栄養の偏り、高血圧、肥満、肝機能、ストレス、免疫低下などが原因の疲労臭と一緒に加齢臭はより強くなります。
そのため、これらを意識して生活することで加齢臭を少なくすることはできるのです。

また加齢臭が多く出る部分があり、頭のてっぺん部分や胸元、背中中央一帯、脇の下、耳の後ろなどと言われています。
特にこの部分にデオドラントを使用すると良いのではないでしょうか。

一番これらの臭いが溜まりやすいのが首の周り、つまり襟に付く部分なので、この辺もわきが臭とはちょっと違います。

デオドラントでどちらも克服

わきが臭や加齢臭に対応できるデオドラントを使えば、どちらも抑制することができるということになります。

是非、自分に少しでも関係があると思ったら、質の良いデオドラントを使用しましょう。
>>お勧めのデオドラントクリームと選び方

加齢臭関連コンテンツ

005

加齢によって口臭は悪化する?

加齢と口臭の関係を考えてみたいと思います。口臭は年齢の高い人の方が確かにきつい人が多いようにも感じます。加齢と口臭の関係にはいくつかの要因があるようです。

005

加齢臭対策のための食事メニューとは

加齢臭対策の一環として食生活はとても重要です。そのため脂質の多いものを避けることと、抗酸化作用の高い食品を多くとること、そして食物繊維やビタミン、ミネラルを十分摂ることが大切ではないでしょうか。

005

頭皮が臭うのは加齢臭?

加齢臭の代表的な部分として頭皮が臭いと言われます。でも実際には頭皮だけでなく、首の後ろ、胸、背中などが特に強いとも言われますが、全身どこから出てもおかしくはないのです。

005

服に染みついた加齢臭は洗濯で消えるのか?

服についた加齢臭は、簡単に洗濯機で洗ってもなかなか取れません。それどころか他の洗濯物にまで臭くなってしまうということを知っていますか?加齢臭のお父さんがいるおうちでは、多分いくら洗剤を変えても同じような脂っぽい臭いがするなんて感じているのではないでしょうか。



クリアネオの詳細はこちら